ニュース
» 2016年10月21日 06時00分 UPDATE

車載ソフトウェア:ルネサスから5万円の自動運転開発用SoCキット、ディープラーニングでの画像認識にも対応 (1/2)

ルネサス エレクトロニクスは、高度運転支援システム(ADAS)のソフトウェア開発向けに5万円から購入できる開発キットを発売する。ディープラーニングによる画像認識を使った運転支援や統合コックピットの開発に対応する。安価な開発キットを販売することで、エンジニアの新規参入を促す狙いだ。

[齊藤由希,MONOist]
5万円で購入可能な自動運転開発キット 5万円で購入可能な自動運転開発キット(クリックして拡大)

 ルネサス エレクトロニクスは2016年10月19日、高度運転支援システム(ADAS)のソフトウェア開発向けに499米ドル(約5万円)の開発キットを発売すると発表した。同社の車載情報機器向けSoC(System on Chip)を搭載し、ディープラーニングによる画像認識を使った運転支援や統合コックピットの開発に対応する。車載Linux環境や車載向けリアルタイムOSをサポートし、これまでのソフトウェア資産を活用できるようにしている。キットで作成したソフトウェアは、ルネサスの「HAD(高度自動運転:Highly Automated Driving)ソリューションキット」(2017年2月発売、価格未定)を使用して実際の車両に接続し、動作を確認できる。

 2016年11月から代理店やオンラインショップを通じて販売する。希望小売価格はR-Car H3を搭載したモデルが799米ドル(約8万円)、R-Car M3搭載のキットが499米ドル(約5万円)。

安価なキットでエンジニアの新規参入を促す

 従来、開発キットは受注生産や高額なモノが多く入手しにくかった。また、開発環境を構築する手間がかかり、システム要件に応じたスケーラビリティがないといった使い勝手の悪さもあったという。

 今回の安価な開発キットを投入するのは、自動車業界に限らず、モバイル分野のソフトウェアベンダーや大学の研究者、学生なども含めたさまざまなエンジニアに自動運転向けのソフトウェア開発に取り組んでもらうためだ。

 安価な同製品を入手しやすい形で販売することにより、新しいアイデアの試作や製品化を前提とした評価や課題抽出を支援し、自動車メーカーやティア1サプライヤに新技術を提案する機会を増やしていくことを狙う。ルネサスの販社や特約店、アヴネットやマルツエレックといったディストリビューターを通じて1台から数百台まで日本国外でも購入できる。

 同製品は、ルネサス エレクトロニクスがAGLやGENIVIの標準開発環境に選ばれている実績を生かし、車載Linuxで開発できるようにした。車載向けリアルタイムOSとして実績のあるQNXにも対応している。こうした開発環境によりユーザーはソフトウェア資産を再利用できる。また、オープンソースを活用できるため、自動車業界に限らず画像認識やHMIで高い専門性を持つエンジニアに、自動運転の開発へ新規参入してもらいやすくなるという。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.