ニュース
» 2016年10月21日 15時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:MATLABがIoTとITシステムの“共通言語”に、無償のオープンデータ基盤も用意 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

無償のオープンデータ基盤「ThingSpeak」

 シュア氏は「ビッグデータ処理が重視される一方で、ビッグデータを扱うデータサイエンティストが世界的に不足している」と述べ、この状況に対するMathWorksの施策を説明した。

 まず教育やトレーニングの関連では、オンラインで受講できる無料のコースMOOCs(Massive Open Online Courses)にさまざまな講義を提供しており、学生などが無償で利用できるIoTのオープンデータプラットフォーム「ThingSpeak」を開設した。

学生などが無償で利用できるIoTのオープンデータプラットフォーム 学生などが無償で利用できるIoTのオープンデータプラットフォーム(クリックで拡大) 出典:MathWorks Japan

 そして「MATLABユーザーがデータサイエンティストになれる」(シュア氏)ような支援機能を、最新版のR2016bなどで追加している。例えば、MATLABによるデータ分析で、これまで1回で入りきらなかった規模の行数(トール配列の並列使用など)に対応できる機能が加わった。ITシステム側との連携に必要となるHadoopやSparkのサポートも拡充。機械学習の関連では、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いたディープラーニングにも対応した。

ビッグデータ処理に関わるMATLABの機能 ビッグデータ処理に関わるMATLABの機能。赤字で示されているのは「R2016b」などで加わった新機能だ(クリックで拡大) 出典:MathWorks Japan

 また前バージョンの「R2016a」では、MATLABを用いたアプリを設計できる「App Designer」を用意している。これを活用すればデータの分析結果などの見える化を容易に行える。開発内容や関連のドキュメント、分析結果の共有を簡易化する機能も追加されている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.