ニュース
» 2016年10月26日 13時00分 UPDATE

FAニュース:インダストリー4.0の中心でモノづくりを叫べ――ハノーバーメッセ

ドイツの展示会運営会社ドイツメッセとそのパートナーである日本能率協会は世界最大の産業技術の見本市「HANNOVER MESSE 2017」についての記者会見を開催した。

[三島一孝,MONOist]

 ドイツの展示会運営会社ドイツメッセとそのパートナーである日本能率協会は2016年10月25日、ドイツのハノーバー国際見本市で開催している世界最大の産業技術の見本市「HANNOVER MESSE 2017(ハノーバーメッセ2017)」(2017年4月24〜28日)についての記者会見を開催した。

 ハノーバーメッセは、生産技術や制御技術、エネルギー関連の展示会だが、インダストリー4.0が初めて名付けられた場であり、毎年インダストリー4.0の進捗確認の場としても注目を集めている。

 ハノーバーメッセでは毎年パートナー国を設定し、それを機会に国家首脳が会場に訪れたり、対象国企業を招いたりしている。2016年のパートナー国は米国でオバマ大統領が、メルケル首相とともに会場を回ったことが話題となった。2016年の実績では、約5200社の出展、19万1000人の来場者を集め、560万件の商談が発生したという。日本からはコニカミノルタやロームなど、58社(現地法人含む、日本からの出展は39社)が出展した。

photo ハノーバーメッセ2016の一幕 出典:ドイツメッセ

インダストリー4.0はビジョンから現実へ

photo ドイツメッセ ハノーバーメッセ担当上級副社長のマルク・ジーマリング氏

 ハノーバーメッセの2017年のテーマは「Integrated Indutry - Creating Value(産業システムの統合化ー価値の創造)」で、パートナーカントリーはポーランドである。70カ国から6500社の出展および80カ国から20万人以上の来場を見込んでいる。

 ドイツメッセ ハノーバーメッセ担当上級副社長のマルク・ジーマリング(Marc Siemering)氏は「2016年はインダストリー4.0がビジョンから現実へと変わったことを示した場だった。産業のデジタル化は大きなトレンドであり、その重要なプラットフォームとして日本企業にもハノーバーメッセをより多く活用してもらいたい」と呼び掛けた。

ハノーバーメッセ2016の特集ページはこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.