ニュース
» 2016年10月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:世界各国の電波認証を取得した無線LANユニットを発売

コンテックは、世界各国の電波認証を取得した無線LANユニット「FLEXLAN FX3000」シリーズを発売した。同シリーズを採用することで、これまで輸出先によって検討していた無線LANユニットの選定が不要になる。

[MONOist]

 コンテックは2016年10月4日、世界各国の電波認証を取得した無線LANユニット「FLEXLAN FX3000」シリーズを発売した。シリーズには組み込みボードタイプの「FXE3000」、樹脂ケースタイプの「FXA3000」、「FXS3000」の3種類がある。

 FLEXLAN FX3000シリーズは、最大300Mbpsの高速通信に対応したIEEE802.11n/a/b/g規格対応の無線LANユニット。モード切り替えにより、アクセスポイントやステーション、リピータとして機能する。有線LAN機器の無線LANコンバータとしても使用可能だ。

 別売のACアダプター、5〜30VDCの直流電源、LANコネクタによる電源供給に対応。プリンタ、医療機器、POS端末、無人搬送車などの機器への組み込みが電圧変換なしで可能になる。

 セキュリティ規格WPA2/WPAやIEEE802.1X認証に加え、これらと併用可能な独自暗号化技術WSLを搭載。また、MACアドレスフィルタリング、ESSID隠しにも対応可能だ。樹脂ケースタイプのFXA3000は、付属のコネクタカバーがコネクタ部を保護し、セキュリティスロットにセキュリティワイヤーを取り付けることで盗難を防止できる。

 無線LAN搭載の装置をグローバルに展開するためには、世界各国が定める電波認証を取得し表示する必要があり、輸出先によって無線LANユニットを選定するために多大なコストがかる。同社では、各国の電波認証を取得済のFLEXLAN FX3000シリーズに無線LANユニットを統一することで、開発・運用コストを大幅に削減できるとしている。

photo 樹脂ケースタイプ「FXA3000」
photo 組み込みボードタイプ「FXE3000」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.