ニュース
» 2016年10月28日 10時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:3Dプリント技術「CLIP」保有の米ベンチャー企業に1000万ドルを出資

ニコンは、3Dプリンタなどを開発する米ベンチャー企業に1000万ドルを出資する。印刷速度や精度を高める独自技術を保有する企業を支援することで、産業機器事業の強化を図る。

[MONOist]

 ニコンは2016年9月16日、米Carbon3Dが発行する優先株の増資を引き受けたことを発表した。1000万ドル(約10億円)を出資したとしている。

 Carbon3Dは、3Dプリンタ本体や3Dプリンタで用いる材料の開発・製造・販売を手掛けるベンチャー企業。「CLIP(Continuous Liquid Interface Production)」と呼ぶ独自の造形技術を保有しているのが強みだ。CLIPを用いることで、従来の3Dプリント方式よりも造形速度が向上する他、造形物の剛性や機械特性、表面の平滑性も引き上げられるという。

 ニコンは、今回の出資により産業機器事業を強化し、事業領域の拡大を目指す。開発・試作・生産といった、ものづくりの各過程に適したソリューションの拡大を進める。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.