ニュース
» 2016年11月01日 11時00分 UPDATE

製造IT導入事例:自動車業界向けソリューションの導入でグローバルな業務連携を促進

ダッソー・システムズは、仏ルノー・グループが同社の自動車業界向けインダストリー・ソリューション「ターゲット・ゼロ・デフェクト」を導入し、その本番運用のユーザー数が1万人に到達したことを発表した。

[MONOist]

 ダッソー・システムズ(ダッソー)は2016年9月29日、自動車メーカーの仏Groupe Renault(ルノー・グループ)が、同社の自動車業界向けインダストリー・ソリューション「ターゲット・ゼロ・デフェクト」を導入し、その本番運用のユーザー数が1万人に到達したことを発表した。

 ルノー・グループは現在、エンジニアリングのデジタル化を図る「NewPDM」プログラムを推進している。同プログラムは、全地域および全ブランドで連携した製品開発を推進するため、その基盤としてダッソーの3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用している。

 同プログラムでは、世界各地のエンジニアリング拠点にダッソーのバーチャル・コラボレーティブ・デザインとシミュレーション・アプリケーションを導入している。これにより、構想から生産まで、単一の統合プラットフォーム上で、各国チームがリアルタイムに連携できるようにした。

 導入されたこれらのアプリケーションは、自動車業界向けソリューションのターゲット・ゼロ・エフェクトの中核となるもので、開発の初期段階から高品質な車両設計が可能になるという。ルノー・グループでは、フランス、ルーマニア、インド、韓国、ブラジル、スペイン、ロシアのグローバル・エンジニアリング体制において、1万人以上のユーザーが共有環境において、パワートレインプラットフォーム車両の構造にアクセスできるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.