ニュース
» 2016年11月02日 08時00分 UPDATE

組み込み採用事例:組み込み機器向けのUIオーサリングツールを小型複合機に搭載

エイチアイは、セイコーエプソンのプリンタ「カラリオ EP-879AW/AB/AR」に、同社のUIオーサリングツール「exbeans UI Conductor」が搭載されたことを発表した。

[MONOist]

 エイチアイは2016年10月13日、セイコーエプソンのプリンタ「カラリオ EP-879AW/AB/AR」に、同社のUI(ユーザーインタフェース)オーサリングツール「exbeans UI Conductor」が搭載されたことを発表した。同プリンタは同年10月に発売予定で、カラリオシリーズで最も小型となる。

 UI Conductorは、組み込み機器向けのUIオーサリングツールで、ツール上で編集したウィンドウやメニューなどのイメージをそのまま実機環境に移行できる。これにより、UI開発の効率化につながるという。

 また、プラグインアーキテクチャの採用により、開発者は開発環境に特化した機能を拡張でき、開発工程の初期から高度なプロトタイプの開発を可能にした。GUI(グラフィカルユーザーインタフェース)画面とデバイス機能の連携が向上するため、品質を計測しながら開発を進めることができる。

 液晶パネルの技術進化に伴い、デジカメや車載機器、プリンタ、テレビなどのデジタル機器では、UIの機能強化も求められている。同社では今後、UI Conductorの採用拡大を目指し、マーケティングに注力するとしている。

photo

関連キーワード

カラリオ | エイチアイ | 開発環境


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.