ニュース
» 2016年11月07日 07時00分 UPDATE

JIMTOF2016 開催直前情報:「マシンツール4.0」など、新機種7台を含む工作機械を出展――DMG森精機

DMG森精機は、2016年11月17〜22日に東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF2016」に出展する。新機種7台を含む23台の工作機械を展示し、全ての機械でデモ加工を実施する。

[MONOist]

 DMG森精機は、東京ビッグサイトで2016年11月17〜22日に開催される「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」に出展する。新機種7台を含む23台の工作機械を展示し、全ての機械でデモ加工を実施する。

 会場では、「IoT/インダストリー4.0&DMG MORIスマートファクトリー」をテーマに、独Schaefflerと共同で取り組む実証プロジェクト「マシンツール 4.0」やセンサー搭載機を紹介する。また、工作機械やロボット、ローダ、治具、工具、測定までを一括して提供するソリューションを展示する

※)関連記事:工作機械も4.0へ、シェフラーとDMG森精機が描く「マシンツール4.0」

 さらに、新機能を含む20種類以上のテクノロジーサイクルの実演も行う。テクノロジーサイクルとは、機械本体と切削工具や周辺機器などのオープンイノベーション、組み込みソフトウェア、HMIを融合させた新しいソリューションで、これまで専用機や特殊工具などで行っていた加工、段取り、計測を一般的な工作機械や工具で可能にする。機械の段取りのサポートをはじめ、高精度な計測、複雑な加工のサポート、センサーによる加工の監視・検知の4つの機能があり、用途に応じて利用できる。

 新機種として、290種類のオプションを用途に合わせてカスタマイズできる、ベースマシン立形マシニングセンタ「CMX 1100 V」を展示する。日本初公開となる大型5軸加工機「DMU 210 P 2nd Generation」も紹介する。

photo 新製品の「CMX 1100V」 出典:DMG森精機

 その他、今回で12回目となる「切削加工ドリームコンテスト」の全応募作品を展示する。出展者ワークショップとして、同社専務執行役員の藤嶋誠氏による「DMG MORI テクノロジーサイクル」をテーマとした講演を2016年11月19日に開催する。

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.