特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年11月07日 11時00分 UPDATE

スマートファクトリー:「見える化」だけでは無価値、製造業IoTが価値を生む3つのポイント (1/2)

NECのユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」では、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)によるモノづくり革新を実現する「NEC Industrial IoT」の進捗状況を紹介。自社実践例も含めてIoTで真に価値を生む3つのポイントについて紹介した。

[三島一孝,MONOist]

 NECはユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2016」(東京国際フォーラム、2016年11月1〜2日)において、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)によるモノづくり革新を実現する「NEC Industrial IoT」の進捗状況を紹介。自社実践を含めて成果が出始めていることを訴えた。

NECが「NEC Industrial IoT」で訴える3つの価値

 NEC Industrial IoTは、IoTを活用した次世代モノづくりの実現に向け、同社のソリューションを体系化し、一貫提供できるようにするものである。今回、NECではモノづくりにおけるIoTの価値についてあらためて3つのポイントに絞り、提案を行った。

※)関連記事:米独の製造業革新に対抗する“日本版”構築へ、NECがIoTモノづくり基盤を発表

 インダストリー4.0をはじめとして、製造業におけるIoTの価値といえば、まずは「見える化」だといわれている。IoTによりモノとモノ、モノと人がコミュニケーションできるようになり、機械に備え付けたセンサー情報を吸い上げて、これらの稼働情報や作業内容などの情報をリアルタイムに近い形で取得できるようになる。こうした現場情報を吸い上げる仕組みを導入してまず、現場の状況が見えるようにしようというのが「見える化」である。しかし「IoTではまず見える化」ということがよく言われるようになり、そこが目的化してしまっているケースも見られるようになってきた。

 NECでは「あくまでも見える化はまだ手段であり、IoTを活用して見える化を実現してもそこで価値が生まれるというものではない。その先にどういう価値を生み出すかということが重要である」(NEC)とする。こうした中でNECでは、IoTを工場で活用することで得られる具体的な価値として「KPI(重要業績評価指標)の管理」「異常の把握」「効率化」の3つを示し、これを実現するための手法としてソリューションを提示している。

KPIを管理しどうアクションにつなげるか

 「KPIの管理」と「異常の把握」は「数値を見える化することにより、PDCAサイクルをどのように回して改善していくのか、という見えた後の行動が重要になる」(同社)とする。KPIを示しその後のアクションにつなげやすい、管理システムなどを提案。さらに同社では以前から、ICT(情報通信技術)ソリューションとともに自社の製造業としてのノウハウを組み合わせた「ものづくり共創プログラム」を進めてきたが「製造業としてどのようにPDCAを回していけば、KPIを達成できるのか」などのノウハウを組み合わせたソリューションを提案していくという。

photo 各種重要指標を生産能力をパイプの太さに見立てて分かりやすく示した管理画面。生産状況に合わせて生産量の振り向けを変更することなどが一目で可能だ。こうした「見える化」とともにどうやって改善すればよいのかというノウハウを含めて提案しすぐにアクションが行えるようにする(クリックで拡大)出典:NEC

 こうした取り組みは、NECネットワークプロダクツ福島工場をはじめ、既にNEC内の工場で自社実践を行っている状況で、実践により成果が出たものを外部に提案していく方針である。同工場では実際にKPIとして「生産実績」「ライン稼働率」「サイクルタイム」「不良数」をKPIと定め、その数値をリアルタイムに近い形で管理しているという。また「異常の把握」についても同様で、「直行率」「吸着ミス回数」「ガス濃度」などを指標として、遠隔監視を行っている。

photo 工場KPI管理および異常管理システムの表示例。NECネットワークプロダクツ福島工場でも採用されている。ちなみに機密事項もあるのでこの数値は実際に使われているものではない(クリックで拡大)出典:NEC

 「異常の把握」については、遠隔監視を実現するシステムの他、点検書や、異常発見時の報告書などが自動で発行されるようなシステムなども提案する。

photo 設備以上監視・リモート点検システムのイメージ。点検書が自動で発行でき作業負荷を軽減可能だ(クリックで拡大)出典:NEC
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.