ニュース
» 2016年11月10日 13時00分 UPDATE

スマートファクトリー:加工機の遠隔監視サービスが好調、“意識の壁”も変化

三菱電機はIoTを活用したソリューションを紹介するプライベート展示会「三菱電機アドバンストソリューション2016」を開催。その中で2016年4月からサービスを開始した同社レーザー加工機向けの遠隔監視サービス「iQ Care Remote4U」の導入状況などについて紹介した。

[三島一孝,MONOist]

 三菱電機はIoT(Internet of Things、モノのインターネット)を活用したソリューションを紹介するプライベート展示会「三菱電機アドバンストソリューション2016」(2016年11月9〜11日)を都内で開催。その中で2016年4月からサービスを開始した同社レーザー加工機向けの遠隔監視サービス「iQ Care Remote4U」の導入状況などについて紹介した。

 「iQ Care Remote4U」は、三菱電機が展開するレーザー加工機の遠隔監視を行うサービスである。レーザー加工機にソフトウェアと通信機能などを追加することで、加工機の状態や、加工実績、電力やガス消費量などの情報を送信、蓄積し見える化するものである。ユーザー側はPCやスマートフォンなどからリアルタイムにレーザー加工機の障害やその予兆、加工予測時間などを確認することが可能になる。

 さらに外出先からでもレーザー加工機に接続することで、ユーザーに対して機器の状態診断や予防保全情報も提供する。必要に応じてソフトウェアのバージョンアップや加工条件の変更なども遠隔から実施できる。

photo 「iQ Care Remote4U」の表示画面イメージ(クリックで拡大)出典:三菱電機

 レーザー加工機の状況を常に把握できるので、レーザー加工機が思わぬ事故を起こし、生産ラインが止まるようなことを避けることが可能となる。保守作業も計画的に行うことが可能となり、メンテナンスコストの削減や停止時間の短縮などに貢献する。

photo 「iQ Care Remote4U」による保守の作業工程の削減イメージ(クリックで拡大)出典:三菱電機

 「iQ Care Remote4U」は1台当たり年間8万円。同社のレーザー加工機の新製品には無償で提供しているが、既存の旧製品にも導入することが可能だ。2016年4月のサービス開始時から現在までで60台分のサービスを提供。その中で半分弱が既存設備への導入だという。「当初想定したよりは順調に導入が進んでいる。以前からリモート診断などのサービスは用意していたが、従来はユーザー側に通信費を負担する意識も少なく、データを預ける不安など心理的な壁も大きかった。しかし、IoT活用の流れが広がりを見せる中で、そうした“意識の壁”は大きく変化してきたと感じている」(三菱電機)と進捗について語っている。

 今後は2017年1月から放電加工機向けのサービスも新たに開始する計画。さらに現在は国内市場だけでの展開であるが、海外向けのサービスなども用意していく計画だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.