ニュース
» 2016年11月11日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:IoTとサイバーフィジカルシステムを活用したソリューション

東芝 インダストリアルICTソリューション社は、装置遠隔監視・モニタリングクラウドソリューション「Meister Visualizer Suite for O&M」を販売した。IoTとサイバーフィジカルシステムを活用した新サービスだ。

[MONOist]

 東芝 インダストリアルICTソリューション社は2016年10月27日、装置遠隔監視・モニタリングクラウドソリューション「Meister Visualizer Suite for O&M」を販売した。価格は、初期導入費用が300万円から。月額費用はデバイス10式、データ容量150GB、同時接続ユーザー5人分で90万円からとなっている。

 同ソリューションは、同社の次世代ものづくりソリューション「Meister」シリーズの新サービスだ。IoT(モノのインターネット)と、サイバーフィジカルシステム(実世界の事象をデジタルデータ化して分析・知識化する技術)を活用している。

 製造装置の稼働状況や構成情報、保守履歴などのデータを統合して「見える化」する。これにより、故障の予兆を検知でき、異常発生時には迅速に関連情報を収集して、装置の停止時間を減少させる。

 データ収集から蓄積、視覚化まで、装置の遠隔監視に必要な機能をオールインワンのパッケージで提供。付属するものづくり情報プラットフォーム「Meister DigitalTwin」上に稼働状況や機器構成・部品交換履歴といった情報を集約可能だ。地図画面、装置監視画面、機器構成・部品交換履歴画面、KPI表示画面などを通じて、異常発生時の迅速な対応をサポートする。

 また、エッジコンピューティング技術により、現場でリアルタイムに異常やその予兆を検知し、ミリ秒単位の高速処理で状況に応じた動作をする。必要な情報のみをクラウドに送信するので通信量も削減する。

photo Meister Visualizer Suite for O&Mの概念図

関連キーワード

IoT | 東芝 | ものづくり | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.