ニュース
» 2016年11月14日 10時30分 UPDATE

ET2016 開催直前情報:リネオ、展示の注目は「Yoctoコンシェルジュ」

リネオソリューションズは、2016年11月16〜18日にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」で、「Yocto Project」開発者を支援する新サービス「Yoctoコンシェルジュ」をキーワードに展示する。

[EE Times Japan]

30周年を迎えるET展

 2016年11月16〜18日の3日間、「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」が、横浜・みなとみらいのパシフィコ横浜で開催される。組み込み技術に特化した専門展のET展は1987年から始まり、2016年で30周年を迎える。

 ET 2016/IoT Technology 2016の開催に先立ち、アイティメディアが運営するEE Times Japan、EDN Japan、MONOist組み込みフォーラムでは、ET 2016/IoT Technology 2016の特設ページを設け、注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントレポートを多数紹介していく→「ET 2016/IoT Technology 2016 特集」。

 本記事は、リネオソリューションズの出展内容を紹介する。

新サービスの「Yoctoコンシェルジュ」

「Yoctoコンシェルジュ」のイメージ

 リネオソリューションズは、新サービス「Yoctoコンシェルジュ」をキーワードに、「Yocto Project(以下、Yocto)」開発者を支援するさまざまなサービス、ソリューションを展示する。自社製品のBSP(Board Support Package)について、組み込みLinuxの開発環境はYoctoベースに移行してきており、今後の製品開発で注目を浴びている。

 そこで、同社はYoctoを使った開発者の悩みごと、困りごとを支援するYoctoコンシェルジュを開始するという。導入を支援する「スタートアップアシスト」、要望に合わせてカスタマイズを行う「カスタマイズサービス」、エンジニアが実際に検証を行いながら疑問に答えするQ&Aサイト「Yocto BBQ(BitBake Question & answer)」などが含まれている。また、これまで展開してきたYocto関連セミナーを拡張し、基礎や仕組み、開発現場をイメージして実際にBitBakeの演習を行う「Yocto超実践講座」なども紹介する。

 パートナーであるTimesysは、Yoctoが3ステップで実行可能になった「LinuxLink 5.0」に加え、Cortex-A、Cortex-Mを搭載した非対称型マルチプロセッサで、Linuxと「FreeRTOS」を動作させて音源を加工するMulti-OSソリューションを紹介するという。

 同展示会に期待することとしては、「30周年として記念すべき展示会になるのを期待している。具体的な目的がある方には、“組み込み”や“Linux”などのキーワードでディープな会話ができる場になる考えている。併設するYoctoコンシェルジュでは、専用デスクを用意し、直接エキスパートに相談できる場を用意している」(同社)と語る。

 なお、来場者がドリンクや軽食を片手に、気軽に出展社とコミュニケーションを図れる「ET/IoT Technologyフェスタ」(2016年11月17日、17:00〜18:00)では、長野県塩尻産の特製ワインと、リネオソリューションズ特製のおつまみが用意されるようだ。

ET 2016/IoT Technology 2016

会期 2016年11月16日(水)〜18日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 パシフィコ横浜
リネオソリューションズ ブースNo.:D-04
ET 2016/IoT Technology 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.