ニュース
» 2016年11月15日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:IoTを活用した中堅企業向けのサプライチェーン最適化ソリューション

NECは、IoTを活用して収集した情報を企業間で共有し、サプライチェーン全体を見える化/最適化する「サプライチェーンマネジメントIoTソリューション」を発売した。

[MONOist]

 NECは2016年10月27日、IoT(モノのインターネット)を活用して収集した情報を企業間で共有し、サプライチェーン全体を見える化/最適化する「サプライチェーンマネジメントIoTソリューション」を発売した。価格は月額1万2000円(税別)からで、主に中堅企業を対象として2017月1月から提供を開始する。今後2年間で100システムの販売を目指す。

 同ソリューションでは、個々の企業がIoTを活用して収集した生産情報/在庫情報/配送状況などの情報を、サプライチェーンを構成する複数の企業がクラウド上のデータベースに蓄積し、これを共有することでサプライチェーンの効率化を図る。

 今回はその第1弾として、製造業/物流業向けと物流業/小売業向けの2つのソリューションを提供する。製造業/物流業向けのソリューションでは、段ボールやパレットなどに取り付けたRFIDタグやセンサーを使い、出荷倉庫で保管する完成品在庫の品番/数量/位置をリアルタイムで共有する。これにより、集荷時期や車両配置を最適化し、出荷倉庫のスペースを削減できる。

 また、物流業/小売業向けのソリューションでは、デジタルタコグラフやスマートフォンなどのGPS対応機器から配送車両の位置情報を収集する。これらの情報から配送の進捗や店舗への到着予測時間などを共有し、配送先の荷受け要員の待機状況を改善する。

 中堅企業では現在、IoTによって収集した情報をパートナー企業間で共有し、競争力向上を図るという動きが拡大している。同社では今後、小売業の店頭在庫や販売状況、顧客動向などを製造業/物流業と共有することで、生産量や店頭への配送時期を最適化するソリューションも提供する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.