ニュース
» 2016年11月16日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:地磁気を活用し、建物内の人の位置を正確に測定する技術を開発

NECは、GPS信号が届きにくい建物の内部にいる対象者の位置を、地磁気を活用して正確に測定する技術を開発した。地磁気センサーを備えた端末を活用し、事前に地磁気の状態を調査するだけで、低コストで屋内の位置測位が可能になる。

[MONOist]

 NECは2016年10月28日、GPS信号が届きにくい建物の内部にいる対象者の位置を、地磁気を活用して正確に測定する技術を開発した。

 同技術は、人工知能(AI)の一種であるディープラーニングを活用し、事前調査で得た屋内の位置や地磁気の情報により、各フロアの地磁気特徴を抽出する。この特徴をもとに、屋内の対象者が所持するセンサーの地磁気情報から、誤差2m以内の精度で対象者の位置を測位する。

 地磁気センサーやモーションセンサーを備えた端末を活用し、事前に地磁気の状態を調査するだけで、追加の設備投資は不要なので、低コストで屋内の位置測位やそれを活用したサービスの導入が可能になる。

 近年、動態管理や送客の目的のために、工場や店舗など屋内で人の位置を測定するニーズが高まっている。現状用いられている、ビーコン(Bluetoothなどを活用した信号の発信機)や無線LANなどによる測定方法は、設置コストが大きくなることが課題となっていた。

 今後同社では、ヒアラブルデバイス(イヤフォン型端末)向けに事業化を推進する。2017年度中の事業化を目指し、同技術や耳音響認証技術、モーションセンサーなどを組み合わせ、どこで/誰が/どんな状態かを把握可能なプラットフォームを提供していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.