ニュース
» 2016年11月16日 06時00分 UPDATE

材料技術:劣化や変色に強いのに30%の軽量化、クーパースタンダードが新開発の樹脂材料 (1/2)

クルマの車内に雨風やホコリ、騒音が浸入するのを防ぐウェザーストリップ。ドア枠や窓枠に装着されている。Cooper Standardは、ドアガラスラン向けに劣化や変色に強い新開発の樹脂の量産を開始した。従来の素材と比較して30%の軽量化を図れるとしている。日系自動車メーカーにも積極的に提案していく。

[齊藤由希,MONOist]

 クルマの車内に雨風やホコリ、騒音が浸入するのを防ぐウェザーストリップ。ドア枠や窓枠に装着されている。樹脂部品のため、経年劣化によって変色したり窓ガラスの保持能力が低下して騒音が入りやすくなったりする。日本では豊田合成や西川ゴム工業が手掛ける部品だ。

 北米に本社を構えるCooper Standard(クーパースタンダード)は、ドアガラスラン向けに劣化や変色に強い新開発の樹脂「FORTREX(フォートレックス)」の量産を開始した。従来の素材と比較して30%の軽量化を図れるとしている。フォートレックスは日系自動車メーカーにも積極的に提案していく方針だ。

クーパースタンダードとは

クーパースタンダード イノベーション・製品グループ担当バイスプレジデントのChristopher Couch氏 クーパースタンダード イノベーション・製品グループ担当バイスプレジデントのChristopher Couch氏

 クーパースタンダードは、ウェザーストリップなどのシーリング、燃料やブレーキフルードのホース、防振部品を手掛ける自動車向けの材料メーカーだ。タイヤメーカーのCooper Tire(クーパータイヤ)にルーツを持つ。2004年にクーパータイヤから分離し、2013年にニューヨーク証券取引所に上場した。

 2015年度の売上高は約33億米ドル(約3564億円)。地域別の内訳は、北米向けが53%、欧州向けが31%、アジア向けが13%となっている。取引先は日米欧、新興国の自動車メーカーだ。自動車メーカー各社の世界戦略車で採用を増やすことで業績拡大を図る。アジア太平洋地域に限定すると、2013年以降に16工場を新設、日本にも営業/技術拠点を開設するなど投資を進めている。

クーパースタンダードが手掛ける自動車部品とは クーパースタンダードが手掛ける自動車部品とは(クリックして拡大) 出典:クーパースタンダード
取引先の自動車メーカーやサプライヤ直近のモデルでの搭載実績 取引先の自動車メーカーやサプライヤ(左)。世界戦略車での採用を増やすことで業績拡大につなげる(右)(クリックして拡大) 出典:クーパースタンダード

 クーパースタンダードは、技術革新を促進するため、社内のアイデア公募制度を活用して新技術を積極的に製品化している。新素材のフォートレックスも、公募制度の中から発掘したものだ。公募制度は「グローバル i3 ポータル」と呼ばれ、約350もの技術が提案される。その中から何段階かの選考を経て、最終的に10個以下のプロジェクトに絞って実用化に向けた取り組みが進む。

 フォートレックスの他にも、ホースの耐摩耗性を向上するコーティングや、腐食を防ぐ中間層などの技術が2016年の第4四半期までに量産される計画だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.