特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年11月17日 07時00分 UPDATE

製造業IoT:ヤマザキマザックとシスコが製造業IoTで提携、スマート工場実現を加速 (1/3)

ヤマザキマザックとシスコシステムズは、製造業のIoT化推進と製造業向けのクラウドサービスの開発に向けて協業することを発表した。既に両社は2015年から工作機械をネットワーク環境に接続する「スマートボックス」の共同開発を推進しており、今後はこの枠組みをさらに広げる方針である。

[三島一孝,MONOist]

 工作機械大手のヤマザキマザックとシスコシステムズは2016年11月16日、製造業のIoT(Internet of Things、モノのインターネット)化推進に向け、工場内の設備機器を安全にネットワークに接続するための製品開発や、ビッグデータ解析や生産性向上のためのクラウドサービスの開発における協業を発表した。

photo ヤマザキマザックの代表取締役社長の山崎智久氏(右)と、シスコシステムズの代表取締役社長の鈴木みゆき氏(左)

2015年から「MAZAK SMARTBOX」で提携

 ヤマザキマザックとシスコシステムズはもともと2015年11月に、セキュリティを確保した工場用のネットワークスイッチ「MAZAK SMARTBOX(マザックスマートボックス)」の開発に向けて、協業を進めてきていた※)

※)関連記事:ヤマザキマザックがIoT対応スイッチを開発、シスコと協業し米国工場に導入

photo 「セキュリティとクラウド技術で提携を決めた」と述べる山崎氏

 提携について、ヤマザキマザックの代表取締役社長の山崎智久氏は「IoTやインダストリー4.0の流れの中、製造業にも大きなデジタル化の波が来ている。従来の製造業のネットワークはセキュリティの観点から外部接続を行っていなかったが、スマートファクトリー化を実現し、より高度な生産性を実現するには、外部との接続は必須となる。こうした中でネットワークセキュリティやクラウドサービスのノウハウの持つシスコシステムズと提携をさらに進めることを決めた」と述べている。

 もともとヤマザキマザックとシスコシステムズが提携を行った経緯としては、米国製造技術協会(AMT)が主導する工作機械向けのオープン通信規格「MT Connect(MTコネクト)」の推進グループに参加していたことにある。工作機械専用のオープンな通信規格である「MTコネクト」は米国を中心に工作機械の通信規格のデファクトスタンダードになりつつある。この「MTコネクト」をベースに、工作機械を接続し情報を取得できる仕組みを作ろうとしたというのが、そもそものヤマザキマザックとシスコシステムズとの提携のきっかけだ。その後、この“接続する仕組み”が「MAZAK SMARTBOX」になった。

photophoto 「MAZAK SMARTBOX」の外観(左)と中身(右)(クリックで拡大)

MAZAK SMARTBOXのグローバル展開

 今回の協業についてはこの枠組みをさらに広げるというものになる。新たな枠組みの違いについては「従来は『MAZAK SMARTBOX』の開発を主目的に米国を中心に協力を進めてきた。これをグローバルに本格的に展開していくために提携を広げるというのが1つだ」とヤマザキマザック 技術本部 ソリューション開発部 部長の堀部和也氏は語る。

 「MAZAK SMARTBOX」は既に米国では2016年9月に開催された工作機械展「IMTS2016」で販売を開始。日本での販売も2016年11月17〜22日に開催される工作機械展「JIMTOF2016」で開始するという。「MAZAK SMARTBOX」の価格は、生産状況の可視化を行うソフトウェアとセットで70万円(税別)としている。

 さらに、これらの「MAZAK SMARTBOX」の展開に加えて、スマート工場化を実現するクラウドサービスの展開に向け、その基本的な仕組みの開発も進めていく。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.