ニュース
» 2016年11月18日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:最短3カ月で会計システムを運用できるクラウドソリューションを発売

NTTデータグローバルソリューションズは、ERPパッケージ「SAP S/4HANA」を活用したクラウドソリューション「Global BMT StartPack for SAP S/4HANA」を発売した。

[MONOist]

 NTTデータグローバルソリューションズは2016年11月2日、ERPパッケージ「SAP S/4HANA」を活用したクラウドソリューション「Global BMT StartPack for SAP S/4HANA」(BMT StartPack)を発売した。

 BMT StartPackは、システム基盤としてアマゾンウェブサービス(AWS)を活用し、製造業/専門商社向けのSAP導入テンプレート「Global BMT」とSAP S/4HANAの会計機能を組み合わせた。

 稼働に必要な会計管理機能やAWSに関わる運用設計・運用実装がプリセットされ、最短3カ月間で会計業務に必要なシステムを運用できる。AWS上で構築・運用するクラウドソリューションのため、システムコストの低減につながるという。システム稼働後は、運用・保守も一体化したサービスとして提供する。

 導入費用は、SAP S4/HANAライセンス(5ユーザー)とテンプレート費用、導入費用(テンプレートインストール、標準システムの導入、マニュアル、AWSインフラ構築費用)、導入後1年間の保守/運用サポート費用/インフラ利用料を含めて5000万円(税別)から。同社では、製造業や流通卸売/サービス業などを中心に、同ソリューションを提供するとしている。

関連キーワード

SAP | クラウド | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.