ニュース
» 2016年11月18日 14時00分 UPDATE

ET2016会場レポート:古い機械でも端末1つで後付け稼働監視が可能に、既に工場で実証を推進

グローバルワイズは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)のアマゾン ウェブ サービス ジャパンブースに出展。「つながる工場」を低価格で実現できる「Eco Edge Suite」の価値を訴求した。

[三島一孝,MONOist]

 グローバルワイズは、2016年11月16〜18日にパシフィコ横浜(横浜市)で開催されている展示会「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」でアマゾン ウェブ サービス ジャパンブースに出展。「つながる工場」を低価格で実現できる「Eco Edge Suite」の価値を訴求した。

 グローバルワイズは、クラウドシステムやEDIシステムなどの開発や構築を行うシステム開発ベンダー。アマゾンのクラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」の導入支援なども行っており、クラウドへの接続への流れからIoTシステム開発にも乗り出している。

 今回同社が出展した製品の1つが「Eco Edge Suite」である。同社では工場などの稼働監視を簡単に実現できる端末「MCM System」を展開している。インターネット経由でデータ送信できるIoT(Internet of Things、モノのインターネット)ユニットである。サーバ用ソフトウェア、クラウドサービスなどのサポートやサービスなども組み合わせて展開している。「Eco Edge Suite」は、このMCMとフィルタリングゲートウェイ、パケット制御などIoT接続で必要な機能をパック化した製品である。

photo グローバルワイズの「MCM System」(クリックで拡大)

 同社では、この「Eco Edge Suite」を工場向けの稼働監視システムとして訴求。会場でのデモでは、走る鉄道のおもちゃを稼働状況に見立て、センサー部分を通過した際にセンサーが反応してカメラで文字盤の画像を撮影。その画像をデータ化しAWSに収納し、稼働状況を「アンドン」で見えるようにするという、工場の稼働監視をイメージしたデモを行った。

 グローバルワイズ EDMシステム本部 IoTシステム部の冨田隆氏は「古い工場や設備などではセンサーデータを取得できる形にはなっていない場合も多い。『Eco Edge Suite』そのものが後付けで利用できることを想定しており、こうした設備がない場合でも画像撮影でそれをデータ化することで稼働監視を実現できるイメージを訴求した。既に工場での実証などを進めており成果を得られる形で提供できるようにする」と述べている。

photophoto 工場の稼働監視をイメージしたデモ(左)、センサー部分を通過した時にカメラで文字盤を撮影する(右)。古い工場や設備などでセンサーなどを追加するのが難しい場合を想定している(クリックで拡大)
ET 2016/IoT Technology 2016特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.