ニュース
» 2016年11月21日 07時00分 UPDATE

JIMTOF2016:ファナックがIoT基盤の壮大な実演、JIMTOFで80社250台の工作機械を見える化 (1/2)

ファナックは「JIMTOF2016」において、同社が展開する工場用IoT基盤「FIELD system」の壮大な実演を行った。同システムによりJIMTOFに出展した機械メーカー80社、250台の工作機械をつなぎ、稼働状況の見える化を実現した。

[三島一孝,MONOist]

 ファナックは「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17〜22日、東京ビッグサイト)において、同社が展開する工場用IoT基盤「FIELD system」の壮大な実演を行った。同システムによりJIMTOFに出展した機械メーカー80社、250台の工作機械をつなぎ、稼働状況の見える化を実現した。

photo FIELD systemで結んだ牧野フライス製作所の機器。実際に展示会場で稼働している機器の情報がほぼリアルタイムで見られる。「開場前の時間帯は停止状態から徐々に稼働を開始する様子が、閉場後は徐々に停止していく様子が見られて面白い」(説明員)(クリックで拡大)出典:ファナック

ファナックが推進する「FIELD system」とは

 ファナックは、2016年4月に米国のネットワーク関連企業Cisco Systems(以下、シスコ)、米国の産業オートメーション関連企業のRockwell Automation(以下、ロックウェル)、深層学習技術などを開発する人工知能関連ベンチャーPreferred Networks(以下、PFN)と提携し、製造現場向けのIoT(Internet of Things、モノのインターネット)プラットフォーム構築での協業を発表※)。新しく展開するプラットフォームを「FIELD system」と名付け、開発を進めてきた。

※)関連記事:製造業IoTに新たなデファクト誕生か、ファナックらが人工知能搭載の情報基盤開発へ

 その後、コアパートナーにNTTグループを加えた他、API(アプリケーションプログラムインタフェース)を公開。アプリケーションパートナーやデバイスパートナー、トータルインテグレーションパートナーなどを募ってきた。2016年8月には最初のパートナー会を実現し、200社以上のパートナーが参加している※)

※)関連記事:ファナックのスマート工場パートナーに200社以上が参加、デファクト形成へ加速

 「FIELD system」は、CNC(Computerized Numerical Control)や産業用ロボット、各種センサーなどのデータを集積し、一定の分析および制御を実現するIoTプラットフォームである。特徴となるのが、多くの情報を収納でき大規模な演算を行えるクラウド領域と、現場情報となるエッジの中間である「Fog」領域に設置している点だ。

 これにより、データの収集や分析をより現場に近いところで行えるようになるため、リアルタイム性を持った処理なども可能となる。従来の製造現場IoTといえば、データを吸い上げ閲覧するというような「見える化ツール」にとどまっていたケースが多かったが、「FIELD system」は将来的には機器のリアルタイム制御など、物理的な自動制御まで目指している点に違いがある。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>