ニュース
» 2016年11月22日 12時00分 UPDATE

製造マネジメント メルマガ 編集後記:シーメンスのメンター買収が象徴するIoT時代のM&A

サムスンのハーマン買収より衝撃度は高かったです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2016年11月22日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


シーメンスのメンター買収が象徴するIoT時代のM&A

 2016年11月14日(米国時間)、IoT(モノのインターネット)時代を象徴するような買収案件が発表されました。シーメンス(Siemens)が、メンター・グラフィックス(Mentor Graphicsを45億米ドルで買収したのです(関連記事:シーメンスがメンターを45億ドルで買収、「デジタルエンタープライズ」加速へ)。

 製造業が利用する設計ツールとしては、プリント基板や半導体回路の設計に使う電気CAD(ECAD)/EDA、機械構造の設計に使う機械CAD(MCAD)、組み込みソフトウェアを開発するソフトウェア開発ツールなどがあります。これらエレメカソフトの統合は、モノづくりの課題として常に問われてきました。

 しかしこれまでに、エレメカソフトの統合を実践できている事例は多いとはいえません。エレ、メカ、ソフト各領域における技術者間の慣習の違いやツール連携インタフェースの欠落など、さまざまな壁が阻んできたのが実情でしょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.