ニュース
» 2016年11月23日 10時00分 UPDATE

CAEニュース:「3つの自動化」で仮想スパコンを提供するクラウドサービス開始へ

エクストリームデザインは、パブリッククラウド上に仮想スーパーコンピュータを展開し、その運用監視、効果的なシステム利用のための動的構成変更コンサルティングを無人化するサービスを開始する計画だと発表した。

[MONOist]

 エクストリームデザインは2016年10月11日、パブリッククラウド上に仮想スーパーコンピュータを展開し、その運用監視、システム利用の効率を上げる動的構成変更コンサルティングを無人化するサービス「XTREME DNA(エクストリーム ディーエヌエー)」を同年11月下旬より提供開始すると発表した。

 同サービスは、チャットボットとの会話形式によりクラウド上へスパコンをデプロイする。さらに機械学習を活用した運用管理の自動化、アーキテクトのシステム最適化による自動化という「3つの自動化」を中心に、アーキテクト不要でクラウド上にスパコン環境を用意する。それにより、ハードウェア、運用監視、アーキテクトによる設計構築の費用を削減することが可能だ。

 それぞれの自動化には機械学習を活用し、利用者に最適な内容を提案する。また、選択したアクションを瞬時にクラウド上で再現するため、スパコン向けコンテンツのコンテナ化や、ダッシュボードを中心とした可視化、会話型ユーザーインタフェースも開発した。

 製造業などでの大規模なスパコンや計算サーバの利用、IoT(モノのインターネット)のセンシングデータ分析、Fintechなどに必要な高速演算環境の時間課金型での利用、データ分析の並列計算といった用途を想定している。

 標準のスパコンインスタンスにはMicrosoft Azureの仮想マシンを採用。基本OSとミドルウェアには、Linux Foundationのスパコン用OSミドルウェアスタック「OpenHPC」を利用している。

 サービス提供の開始時期は2016年11月下旬としているが、当初は利用者を限定して提供する計画。募集日程、サービス内容の詳細、利用価格については10月下旬をめどに発表する予定だ。

photo
photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.