ニュース
» 2016年11月23日 07時00分 UPDATE

FAニュース:米国カリフォルニア州にアーキテクチャ開発室を開設、制御ビジネス拡大へ

横河電機は、IIoT(Industrial IoT)のアーキテクチャを専門に開発する組織として、アメリカカリフォルニア州に「アーキテクチャ開発室カリフォルニア」を開設した。2017年4月に自社オフィスを構える予定だ。

[MONOist]

 横河電機は2016年11月4日、IIoT(Industrial IoT)のアーキテクチャを専門に開発する組織として、アメリカカリフォルニア州に「アーキテクチャ開発室カリフォルニア(Architecture Development Division California)」を開設した。

 同開発室は、同社マーケティング本部事業開発センターの傘下となる。IT関連企業が多く、研究開発が盛んな米国西海岸に本拠を設置した。まずは、同社のシステムやサービスを熟知した社内エンジニアと、アメリカで採用したエンジニアとの混成チームで活動を開始。コア技術の開発を進める。オフィスは当面、パートナー企業のエンジニアリングオフィスに置き、2017年4月に自社オフィスを構える予定だ。

 今後、IIoTやクラウドコンピューティングを活用したサービスを企画し、5年後には同開発室を50人体制にして、アーキテクチャを最先端の現場で開発していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.