ニュース
» 2016年11月23日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:医療画像情報システムの開発・販売企業を買収

東芝メディカルシステムズの子会社である米Vital Imagesは、カナダのKaros Healthと株式譲渡契約を締結した。先進の医療データ・マネジメント・ソリューションの展開により、ヘルスケア・インフォマティクス事業の強化を図る。

[MONOist]

 東芝メディカルシステムズは2016年11月2日、子会社である米Vital ImagesがカナダのKaros Healthと買収を目的とした株式譲渡契約を締結したと発表した。これにより、医療情報の配信・統合・管理・解析といった包括的なソリューションの展開が可能になり、今後、ヘルスケア・インフォマティクス事業の強化を図る。

 Vital Imagesは画像診断解析・画像表示ソフトウェアを手掛け、医療画像処理ソフトウェア「Vitrea」などの医療ソリューションを展開する。

 一方、Karos Healthは、医療画像情報システムの開発・販売を行っている。医療施設内や複数の医療施設間において、診断画像を中心とした情報を連携するソリューションに強みを持つ。同社のVNA(Vendor Neutral Archive)は、医療施設内のIT設備を稼働したまま小規模から導入ができ、段階的に導入を拡張することも可能だ。

 これまで両社は、アメリカおよびヨーロッパで協業してきた実績を持つ。さらに今回の買収により、東芝グループにおけるヘルスケア・インフォマティクス事業の新たな基盤・技術を確保したことになる。同社では今後、世界各地の医療施設に対し、包括的なソリューションの提供が可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.