ニュース
» 2016年11月25日 12時00分 UPDATE

CAEニュース:タイヤの性能向上につながる天然ゴムの末端基構造を解析

住友ゴム工業は、天然ゴムの末端基構造を解析した研究成果を発表した。ゴムの特性に影響する天然ゴムの分岐構造を形成する末端基を解明することで、天然ゴムの性能向上や加工性改善につながる。

[MONOist]

 住友ゴム工業は2016年10月26日、これまで解明されていなかった天然ゴムのω末端/α末端による末端基構造を解析した研究成果を発表した。同成果を天然ゴムの性能向上や加工性改善に活用し、タイヤの低燃費・耐摩耗性能の向上を目指すという。

 天然ゴムはパラゴムノキから採取され、タイヤの原材料として古くから使用されている。天然ゴムは分岐構造を持つといわれるが、それを形成する末端基については、これまで詳細構造が明らかにされていなかった。

 今回同社では、原産地で天然ゴムを化学処理し、大阪大学のNMR装置を用いて末端基の微弱なNMR信号を検出した。さらに、複数のNMR測定法を使用することで、それらのNMR信号パターンに合致する化学構造の探索を可能とし、末端基構造の解明に成功した。

 その結果、天然ゴムのω末端はジメチルアリル基、α末端は4つの異なる構造の混合物であることが分かった。このうち、α末端の2つの構造が分岐構造やゲル形成を担っていることが分かった。

 同研究は、2016年10月24〜28日に開催れた「国際ゴム技術会議 北九州」で発表された。今後同社では、天然ゴム特有の構造を明らかにすることで、新たな材料開発に取り組むとしている。

photo
photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.