ニュース
» 2016年11月29日 07時00分 UPDATE

JIMTOF2016:多関節型搬送路用ロボットで高精度をアピール――日本トムソン

IKOブランドで製品展開する日本トムソンは「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17〜22日、東京ビッグサイト)において、ニードルベアリング、直動案内機器およびメカトロの主力製品、新製品を出展した。

[長町基,MONOist]

 IKOブランドで製品展開する日本トムソンは「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17〜22日、東京ビッグサイト)において、ニードルベアリング、直動案内機器およびメカトロの主力製品、新製品を出展した。また、走行振れ測定器「MXDL35マスターグレード(ローラタイプ)」、同社のクロスローラベアリングを搭載した水平多関節型搬送用ロボットのデモ機を展示し、精度などを紹介した。

photo JIMTOF2016で展示された日本トムソンの水平多関節型搬送用ロボットのデモ(クリックで拡大)

 「MXDL35マスターグレード」は軌道面に特殊な加工を施すことで走行時の微小な振れを抑制し、標準の超ロングユニットに対して脈動を約50%低減する。この低脈動は高精度で高品位な加工により実現したもので、超精密加工機の軸案内などの用途に適している。また、超ロングユニットのため、機械装置の負荷容量向上と剛性向上に大きく貢献するとともに高精度な走行性能を発揮する。

photo 「MXDL35マスターグレード」の展示(クリックで拡大)

 水平多関節型搬送用ロボットには同社の4種類のクロスローラベアリングが用いられている。薄型クロスローラベアリング(CRBS)は内径に対して外形が極めて小さく、幅寸法も小さいコンパクトな軸受。保持器付きおよびセパレータ付きは、回転が円滑で回転速度が比較的高いところにも適している。

 高剛性クロスローラベアリング(CRBH)は内外輪ともに一体構造(非分割)のため、取付誤差なども発生しにくく、高精度・高剛性が特徴。また、“ころ”と“ころ”の間にセパレータを組み込んでいるため、回転が円滑で回転速度が比較的高いところにも適している。

 高剛性取付穴付きクロスローラベアリング(CRBF)は内外輪ともに一体構造(非分割)で、内外輪に取付穴があり容易に装置へ取り付けることができる。さらに、ハウジングや押さえ板などの周辺構造の影響を受けにくく、高剛性で高精度な案内を実現する。超薄型クロスローラベアリング(CRBT)はモーメント・複合荷重に強いクロスローラベアリングの中でも幅わずか5mmとローラタイプで世界最軽量を誇る。徹底的に軽量化を追求した超薄形コンパクトサイズで、装置の省スペース化を実現する。

 この他、製品コーナーでは主力商品のメカトロシリーズや新製品の「Cループメンテナンスフリーシリーズ」などを展示した。メカトロシリーズは、精密加工技術とエレクトロニクスの融合により生まれた製品である。ベッドとスライドテーブルの間に直動シリーズとボールねじやモータを組み込んだ精密位置決めテーブルは、TU、TX、TE、TZなどモジュールタイプから高精密タイプまで幅広いラインアップをそろえている。半導体製造装置やフラットパネルディスプレイ製造装置、各種精密機器などの位置決め機構として、幅広い分野で用いられている。位置決めテーブルや制御用の電装装置まで一括して提供することにより、設計や組立工数などの削減に貢献する。

photo メカトロシリーズの展示(クリックで拡大)

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.