特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年11月30日 07時00分 UPDATE

JIMTOF2016:工場をスマート化する“箱”、MT Connectで安全に接続

ヤマザキマザックは「JIMTOF2016」において、新たに国内での展開を開始した「MAZAK SMARTBOX」と、IoTを活用したスマート工場実現に向けた提案を披露した。

[三島一孝,MONOist]

 ヤマザキマザックは「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17〜22日、東京ビッグサイト)において、新たに国内での展開を開始した「MAZAK SMARTBOX(マザックスマートボックス)」と、IoTを活用したスマート工場実現に向けた提案を披露した。

photo JIMTOF2016で出典したヤマザキマザックのIoTソリューション展示(クリックで拡大)

工作機械向け通信プロトコル「MTコネクト」を採用

 「MAZAK SMARTBOX」は、セキュリティを確保した工場用のネットワークスイッチとして2015年11月に米国のシスコシステムズと提携して研究開発を開始。既に米国では2016年9月に開催された工作機械展「IMTS2016」で販売を開始している。日本では、JIMTOF2016を契機に展開を開始し、町工場も含めた工場のスマート化実現を推進していく方針である。

 「MAZAK SMARTBOX」は、米国製造技術協会(AMT)が主導する工作機械向けのオープン通信規格「MT Connect(MTコネクト)」で工場内の工作機械を結ぶ。工作機械専用のオープンな通信規格である「MTコネクト」は米国を中心に工作機械の通信規格のデファクトスタンダードになりつつある。特徴としては、稼働情報や作業内容などのデータについて、工作機械専用のボキャブラリーが定義されており、工作機械の作業データの取得が容易である点だ。

 スマート工場におけるデータ連携では、工場内のネットワークのセキュリティへの懸念から接続に二の足を踏む製造業も多いが「MAZAK SMARTBOXは、上流のオフィス環境と接続するネットワークと、工場内のネットワークを構成的には分離しており、通して良いデータの種類をホワイトリストの方法で定義することで安全性を確保していることが特徴だ」(ブース説明員)としている。

 「MAZAK SMARTBOX」の価格は、生産状況の可視化を行うソフトウェアとセットで70万円(税別)としている。「工作機械は町工場などでも使われるが、スマート工場化に向けた取り組みを支援する仕組みとして展開していきたい」とブース説明員は述べていた。

photo 「MAZAK SMARTBOX」の役割。図の下方の現場ネットワークと上方のオフィスネットワークの間に設置し、接続性と安全性を確保する役割を担う(クリックで拡大)

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.