ニュース
» 2016年12月02日 06時00分 UPDATE

安全システム:対歩行者自動ブレーキの評価試験結果、最高得点はマツダの「アクセラ」 (1/2)

国土交通省は、対歩行者の自動ブレーキを対象とした評価試験の結果を発表した。これまで、対車両の自動ブレーキ評価は行われてきたが、対歩行者は国内で初めて実施した。評価対象は自動車メーカー5社の11モデルで、対歩行者自動ブレーキ評価の最高得点はマツダの「アクセラ」だった。

[齊藤由希,MONOist]

 国土交通省は2016年12月1日、対歩行者の自動ブレーキを対象とした評価試験の結果を発表した。これまで、対車両の自動ブレーキ評価は行われてきたが、対歩行者は国内で初めて実施した。評価対象は自動車メーカー5社の11モデルで、対歩行者自動ブレーキ評価の最高得点はマツダの「アクセラ」だった。

【お詫びと訂正】初出時にスズキの「イグニス」の対歩行者自動ブレーキ評価を23.0(正しくは20.3)とし、「スバルの『アイサイト』に競り勝つ」と誤った表現で掲載しておりました。関係各位には多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます(2016年12月02日追記)。

 対車両の自動ブレーキなどを含む全4項目で試験を行い、予防安全性能評価として点数を算出した結果、11モデル全てが総合評価で「ASV++(最高ランク)」を獲得した。

対歩行者自動ブレーキの評価の様子 対歩行者自動ブレーキの評価の様子(クリックして拡大) 出典:国土交通省

アクセラの対歩行者自動ブレーキは25点満点中24.5点

 予防安全性能評価の対象となったのは、トヨタ自動車の「クラウン アスリート/ロイヤル/マジェスタ」「プリウス」、トヨタ自動車のレクサスブランド「GS/GS F」「RX」、ホンダ「フリード/フリード+」、マツダ「アクセラ」、富士重工業「インプレッサ」「フォレスター」「レヴォーグ/WRX」「レガシィ」、スズキ「イグニス」の11モデル。

 自動車メーカー5社はいずれも対歩行者自動ブレーキを搭載しているが、採用したセンサーの種類が異なる。なお、日産自動車も対歩行者自動ブレーキを複数のモデルに採用しているが、評価対象には含まれていない。ダイハツ工業は対歩行者自動ブレーキに対応した「スマートアシストIII」の搭載車種を発売して間もない。

予防安全性能評価のトップはマツダ「アクセラ」 予防安全性能評価のトップはマツダ「アクセラ」(クリックして拡大) 出典:マツダ

 マツダのアクセラは、総合評価が71点満点中70.5点、このうち対歩行者自動ブレーキが25点満点中24.5点という高得点を獲得した。評価対象となったモデルは、いずれも総合評価が46点以上だったため、最高ランクの評価であるASV++となる。

 マツダの対歩行者自動ブレーキは「i-ACTIVSENSE」の機能の1つである「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」に含まれており、単眼カメラを使用する。時速10〜80kmで走行している場合にカメラで歩行者を検知可能。歩行者との衝突の危険性が高いとシステムが判断した際に、ドライバーがブレーキ操作を行うと、ブレーキの制動力を高める。ブレーキ操作を行わなかった場合は自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは被害軽減を図る。

 マツダは対車両自動ブレーキで、2015年の予防安全性能評価でも一定の評価を得ていた。「CX-5」は32点満点中27.8点、「CX-3」が28.8点だった。アクセラ以外を見ると、ほとんどのモデルで総合評価と、対歩行者自動ブレーキの評価の順位が一致している。

フォレスターインプ アクセラ以外に評価の上位を占めたのは富士重工業のモデルが多い。(クリックして拡大) 出典:富士重工業
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.