ニュース
» 2016年12月02日 05時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:「有機ELパワー、メイクアップ!」、パナソニックの新ビューティーがシミを消す (1/2)

パナソニックは、パナソニックラボラトリー東京(東京都江東区)で記者会見を開き、「CEATEC JAPAN 2016」で話題になった「スノービューティーミラー」と「メイクアップシート」の開発状況

[朴尚洙,MONOist]
パナソニックの井上あきの氏 パナソニックの井上あきの氏

 パナソニックは2016年12月1日、パナソニックラボラトリー東京(東京都江東区)で記者会見を開き、「CEATEC JAPAN 2016」で話題になった「スノービューティーミラー」と「メイクアップシート」の開発状況について説明した。

 パナソニックラボラトリー東京(PLT)は2016年4月、パナソニックのショールーム「パナソニックセンター東京」と同じ有明地区に開設された。同年5月開設のAVCネットワークス社の「デザインセンター」もあり、「有明地区がパナソニックの活動拠点というイメージも強くなってきた」(PLT所次長の井上あきの氏)という。

 PLTでは全社CTO室で策定した技術10年ビジョンを基に、従来の「モノ」づくりの進め方にとらわれない、短期間で「コト」づくりを進られるようなイノベーションの先鋭的拠点となることが求められている。本社研究部門とカンパニー技術部門から70人前後がPLTに参加しており、研究開発領域はIoT(モノのインターネット)やロボティクス、人工知能が中心だ。

PLTにおける研究開発の進め方 PLTにおける研究開発の進め方(クリックで拡大) 出典:パナソニック

可視光だけで肌状態を非接触で測定

パナソニックの川口さち子氏 パナソニックの川口さち子氏

 このPLTで開発が鋭意進められているのが、スノービューティーミラーとメイクアップシートである。基礎になったのは、2012年後半に発足した「“ミラー”を中心としたテーターメイドビューティー」を仮説/検証するプロジェクト。同プロジェクトで最初に考案されたのが、白雪姫(スノービューティー)で出てくる王妃が使う魔法の鏡をイメージしたスノービューティーミラーだ。開発を担当するパナソニック 全社CTO室 技術戦略部 事業創出推進2課 課長の川口さち子氏は「女性であれば1日7〜8回は見るであろう鏡。その“鏡を見る”という生活動線を変えずに、美容とヘルスケアのPDCAが可能な製品として考えた」と語る。

「“ミラー”を中心としたテーターメイドビューティー」の仮設/検証「スノービューティーミラー」の非接触肌センシング 「“ミラー”を中心としたテーターメイドビューティー」の仮設/検証(左)と「スノービューティーミラー」の非接触肌センシング(右)(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 スノービューティーミラーは、紫外光を使わずに、安全な可視光だけで人の肌状態を非接触で測定できる技術「非接触肌センシング」が組み込まれている。その測定結果を「しみ」「しわ」「ほうれい線」「透明感」「毛穴」という評価軸で、鏡上に表示してくれる。しみの位置などが明確に表示されるので、女性にとってはある意味ショッキングかもしれない。

「スノービューティーミラー」で肌状態を測定する様子「スノービューティーミラー」で肌状態を測定する様子「スノービューティーミラー」で肌状態を測定する様子 「スノービューティーミラー」で肌状態を測定する様子。しみの位置などが明確に表示される(クリックで拡大)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.