ニュース
» 2016年12月05日 07時00分 UPDATE

FAニュース:負荷容量を高めた産業機械向けボールねじサポート用軸受、高速化にも対応

不二越は、産業機械向けボールねじサポート用軸受「TAF-X」シリーズを発表した。既存シリーズより長寿命化、アキシアル限界荷重の拡大が図られ、高速化にも対応する。

[MONOist]

 不二越は2016年11月14日、既存の「TAF」シリーズに比べて負荷容量を高めた産業機械向けボールねじサポート用軸受「TAF-X」シリーズを発表した。軸受外径52〜260mmまでの17型番をそろえた。2017年度に年間3億円の販売を目指す。

 新シリーズは、鋼球と軌道面の接触角を拡大し、鋼球を極大化することでアキシアル方向(軸受の回転軸に対し平行の方向)の定格荷重を向上させた。従来品より寿命を約1.5倍延ばした。

 また、軌道の設計を最適化し、アキシアル限界荷重を従来品より約10%拡大した。これにより、機械への組み付け時に必要だった、スラスト軸受などとの組み合わせを省くことができ、軸受周辺部の小型化が可能になった。さらに、軌道面の最適化と予圧の事前調整によりトルクを従来品比で約15%低減。これで許容回転数が従来品より約25%向上し、高速化に対応する。

 産業機械の高性能化により、高負荷/高速化のニーズが高まっている。特に射出成型機においては、それらのニーズに加え、ボールねじを支持する軸受への長寿命化や小型化も要求される。同社は、TAF-Xシリーズで産業機械用軸受のラインアップ強化を図り、市場ニーズに応える。

 

photo 高負荷容量ボールねじサポート用軸受「TAF-X」シリーズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.