ニュース
» 2016年12月05日 10時00分 UPDATE

CADニュース:CADベンダーと3Dプリンタメーカーが積層造形の普及促進に向けて協業

Stratasysとシーメンスは、積層造形を導入した製造方式の普及促進のため、提携することを発表した。両社のソリューションを融合させ、各産業分野でアディティブ・マニュファクチャリングの普及拡大を図る。

[MONOist]

 Stratasysは2016年11月22日、アディティブ・マニュファクチャリング(additive manufacturing:積層造形)を導入した製造方式の普及促進のため、独シーメンスと提携することを発表した。同社のアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションとシーメンスのデジタル・ファクトリー・ソリューションを融合させ、さまざまな産業分野でアディティブ・マニュファクチャリングの普及拡大を図る。

 両社はこれまで、シーメンスのCAD/CAM/CAE用ソフトウェア「NX ソフトウェア」とStratasysの「GrabCAD Print」を連携させるなど、複数のプロジェクトを共同で実施している。2016年9月には、シーメンスのNX ソフトウェアとCNCシステム「SINUMERIK 840D sl」、ストラタシスの押し出し制御技術を組み合わせた複合部品の自動製造システム向けソリューション「ロボティック・コンポジット3Dデモンストレーター」を発表。FDM(熱溶解積層法)を活用し、軽量かつ高強度のパーツ製造を可能にしている。

 今回の提携は、そうした製品開発に関連するもので、両社の製品の統合や総合的なアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションとの融合を実現していくという。

 アディティブ・マニュファクチャリング技術は、ここ数年で飛躍的に発展しているが、大量生産の現場への適応やCNCと同様に普及するまでには至っていない。両社が協働することで、機械間および開発・設計と製造間の両方向での統合が可能になり、従来の製造環境で3Dプリンティングのメリットを享受できるシステムの実現が可能になるとしている。

photo Stratasys Robotic Composite 3D Demonstrator
photo 活用のイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.