ニュース
» 2016年12月06日 12時00分 UPDATE

オートモーティブメルマガ 編集後記:ダイハツの新ターボエンジンに乗って、アウディもうちょっと頑張れよと思った話

ダイハツがアウディに勝るところもあると思いました。

[齊藤由希,MONOist]

 この記事は、2016年12月6日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


ダイハツの新ターボエンジンに乗って、アウディもうちょっと頑張れよと思った話

ダイハツ工業の新型コンパクトハイトワゴン「トール」 ダイハツ工業の新型コンパクトハイトワゴン「トール」(クリックして拡大)

 先日、試乗会でダイハツ工業の新型コンパクトハイトワゴン「トール」に乗ってきました。トールの競合モデルとしては、先に市場投入されているスズキの「ソリオ」があります。室内の寸法や取り回しの良いサイズ感などソリオをベンチマークとして作り込んでいますが、一番の差別化ポイントは排気量1.0l(リットル)のターボエンジンです。

 このエンジンは、既存の排気量1.0lの自然吸気(NA)エンジンをベースに、ダイハツ工業が新開発しました。直噴ではなくポート噴射とすることにより、コストを抑えています。パワーは排気量1.5lのNAエンジンに相当し、「思ったよりよく走ると感じてもらえるはずです」とエンジンの開発担当者が自信を見せていました。

 今回の試乗会のお目当ては“思ったよりよく走る”を体験することでした。

 試乗会ではお台場周辺や東京ゲートブリッジの方を走ってみました。平日の昼間は交通量が多いです。トラックもたくさん走っているため、タイミングを見計らってスムーズに車線変更/追い越ししたくなる環境です。また、信号に引っ掛かりにくくアンダーパスもあるので、止まらずに走りやすいエリアでもあります。

新開発の排気量1.0l(リットル)のターボエンジン立ち上がりの良いターボチャージャーを採用 新開発の排気量1.0l(リットル)のターボエンジン(左)。立ち上がりの良いターボチャージャーを採用(右)(クリックして拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.