特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年12月06日 13時00分 UPDATE

JIMTOF2016:あえて実機は置かない、ジェイテクトが振り切った「IoE」の世界

ジェイテクトは「JIMTOF2016」において、あえて工作機械の実機展示点数を大幅に減らし、「IoE」として進めているIoT時代の工作機械や工場のあるべき将来像を紹介。その基盤となるPLC「TOYOPUCシリーズ」などをアピールした。

[三島一孝,MONOist]

 ジェイテクトは「第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)」(2016年11月17〜22日、東京ビッグサイト)において、工作機械の実機展示点数を数点にしぼり、「IoE(Internet of Everything)」として進めているIoT(モノのインターネット)時代の工作機械や工場のあるべき将来像を紹介。その基盤となるPLC「TOYOPUCシリーズ」などをアピールした。

photo 実機の展示点数を絞り込み、IoTでつながる世界や工場の姿のステージでのアピールを中心に据えたジェイテクト

「人」の価値を訴求するジェイテクトのIoT

 ジェイテクトでは、IoT(Internet of Things)の活用においてあえて「モノ(Things)」だけをつなぐのではなく、人やサービスまでもつなげていくという思いから「IoE(Internet of Everything)」として推進。スマート工場の実現に向けてこの「IoE」を活用したさまざまな取り組みを進めている。

 今回は、この「IoEによる新たな価値」を演出するために、実機展示は数台にとどめる一方で、「モーションビジョン」や「テクノロジカルボックス」と呼ぶ映像技術を活用した展示で、「つながる世界」の広がりや実証実験の成果などを紹介したことが特徴である。ジェイテクトでは既に同社の香川工場の他、阪部工業や双葉工業において、このIoEの導入実証などを進めており※)、これらで得られた成果を分かりやすく紹介した。

※)関連記事:ジェイテクト香川工場が挑むIoT活用、生産効率はどこまで高められるのか

photo ステージで紹介されたIoEによる遠隔監視のデータイメージ。監視データを生かして予防保全などを行う(クリックで拡大)

基盤となるTOYOPUCシリーズ

 これらのIoEの基盤となるのが、同社の展開するPLC「TOYOPUC」シリーズである。今回のJIMTOF2016では、TOYOPUCシリーズの過去の歴史などを紹介。その流れで「つながる工場」の鍵をにぎる製品として、異種通信環境を吸収して情報を吸い上げることを実現する「TOYOPUC-Plus」と、新たに発売したエッジ型解析モジュール「TOYOPUC-AAA」を紹介した。

photophoto ブースで過去の歴史とともに紹介された「TOYOPUC-Plus」(左)と新たに発売した「TOYOPUC-AAA」(右)(クリックで拡大)

 「TOYOPUC-Plus」は小型のボード型PLCであるが、最大の特徴が異種環境間の違いを吸収する一種のインタフェースの役割を果たすという点である。多彩な通信機能をサポートしており、バッテリーレスでメンテナンスフリーである点などを活用することで、「FL-NET」や「CC-Link」「Ethernet/IP」などの産業用ネットワークで構成された制御装置を一括して結ぶことができる。工場内の情報を一元化するためには、さまざまな工作機器や設備から情報を吸い上げることが必要だが、工場内のこれらの設備は全てバラバラの通信プロトコルやデータセットなどを採用しており、まず「つなげる」ということが難しかった。「TOYOPUC-Plus」はこれらの課題を解決するものとして期待を集めているという。

 一方の「TOYOPUC-AAA」は、生産設備に接続しデータ収集や蓄積、解析を行うことができるオープンプラットフォームモジュールである。スマートファクトリーでは、現場領域においてデータの一次処理を行う「エッジコンピューティング」に大きな注目が集まっているが、「TOYOPUC-AAA」はスマート工場におけるエッジコンピューティングの中心となる端末である。

 OSとして「Windows Embedded Standard 7」を搭載し、CSVファイルで保存される蓄積データをすぐにデータ加工やグラフ表示できる。また、PCと同様、イーサネットポートとUSBポートをそれぞれ2口用意し、アナログRGB出力も用意しており、豊富なインタフェースで、接続性を確保する。さらに基本機能である蓄積、解析に加え、機械学習のエンジンを搭載し、ニーズに合ったアプリケーションパッケージを今後用意していくとしている。

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

第28回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2016)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>