ニュース
» 2016年12月07日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:最新ARMv8-MアーキテクチャをサポートしたリアルタイムOSを発表

イーソルは、同社が提供するリアルタイムOS「eT-Kernel」がARM Cortex-Mファミリ向けの最新ARMv8-Mアーキテクチャをサポートしたことを発表した。

[MONOist]

 イーソルは2016年11月16日、同社が提供するリアルタイムOS「eT-Kernel」が、ARM Cortex-Mファミリー向けのARMv8-Mアーキテクチャをサポートしたことを発表した。

 eT-Kernelは、オープンソースの「T-Kernel2.0」を独自に拡張した組み込みシステム向けのリアルタイムOSとなる。システムの規模と用途に合わせ、「eT-Kernel Compact」「eT-Kernel Extended」「eT-Kernel POSIX」の3種類をそろえている。

 今回ARMv8-Mアーキテクチャに対応したのは、リアルタイム性に優れたeT-Kernel Compactとなる。新たにARMv8-Mアーキテクチャに実装されたARM TrustZone技術をサポートしたことで、同技術を活用したセキュリティ機能を実現した。例えばARMv8-M TrustZoneを活用し、リアルタイムOSのAPIコール時にマルウェアなどの非認証プログラムの実行を検出して、非認証アプリを強制終了させることができるという。

 また、eT-Kernel Compactは、自動車向けのISO 26262 ASIL D、産業機器向けのIEC 61508 SIL 4、医療機器向けのISO 62304適合の第三者認証を取得している。そのため、eT-Kernelを利用することで、IoTシステムを構成する自動車や産業機械、医療機器などのセキュリティを確保できるとしている。

関連キーワード

ARM | T-Kernel | 組み込み開発ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.