ニュース
» 2016年12月12日 09時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:製造現場向けソリューションの提供で協業、グローバル市場への展開を目指す

富士通とSAPジャパンは、製造現場向けソリューションのビジネス領域において協業する。SAPの拡張サプライチェーンソリューションと富士通のノウハウを組み合わせ提供していく。

[MONOist]

 富士通とSAPジャパンは2016年11月24日、製造現場向けソリューションのビジネス領域において、グローバル市場への展開を視野に協業することを発表した。SAPの拡張サプライチェーンソリューションと、富士通のさまざまな業種・業務に特化したものづくりのノウハウを組み合わせ、提供していく。

 今回の協業により、従来のERPにおける製造・販売・調達管理に加え、SAPでは製造パフォーマンス管理が可能な「SAP Manufacturing Execution」「SAP Manufacturing Integration & Intelligence」の2つの拡張サプライチェーンソリューションを提供する。

 製造実行管理ソリューションのSAP Manufacturing Executionは、製造現場でのプロセス全体の管理やリアルタイムの分析、レポートを実行できる。生産オペレーションごとの実績や品質情報・トレーサビリティ情報を管理し、市場品質の確保と現場改善に向けた基盤を構築できる。

 また、SAP Manufacturing Integration & Intelligenceは、製造実行システムと生産ラインのデータ収集を行うシステムや検査装置などの現場機器、ERPなどの基幹システムとを接続し、データを取集・分析して可視化できる。

 近年、製造現場でのオペレーションの複雑化により、業務データ同士の連携やリアルタイムな情報の共有が課題となっている。これらのソリューションを導入することで、サプライチェーン領域全体を通して業務データをつなぎ合わせ、さまざまな事象を可視化して解決することが可能となる。

 さらに富士通では、SAPからソリューションに関する技術トレーニングや販売・導入時のサポートを受け、両社で協力して拡販活動を行っていく。富士通は既に、SAPの拡張サプライチェーンソリューションの提供をアメリカで開始しており、今回の日本での提供開始を踏まえ、今後アジアや他地域への共同展開を検討していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.