ニュース
» 2016年12月12日 07時00分 UPDATE

FAニュース:CC-Link IEとPROFINETのネットワークを相互接続するための仕様を策定

CC-Link協会とPROFIBUS & PROFINET Internationalは、「CC-Link IE」と「PROFINET」のネットワーク間の相互接続を実現する仕様書を策定した。両ネットワーク間でシームレスな情報共有が可能になる。

[MONOist]

 CC-Link協会(CLPA)は2016年11月22日(ドイツ現地時間)、PROFIBUS & PROFINET International(PI)と共同で、「CC-Link IE」と「PROFINET」のネットワーク間の相互接続を実現する仕様書を策定したと発表した。生産機械ごとに異なる通信プロトコルを使用している工場などで、ネットワークの統合が容易になるという。

 同仕様書は、2015年の「SPS/IPC/Drives」で発表された両協会の連携合意に基づくものとなる。両協会では、2つのネットワーク間の相互接続性を強化することで合意しており、仕様書の策定作業を進めてきた※)

※)関連記事:インダストリー4.0実現に向け、CC-Link IEとPROFINETの相互接続技術開発へ

 CC-Link IEとPROFINETは、それぞれアジアおよび欧州を中心に普及しているネットワークで、同仕様書は両ネットワーク間の双方向通信の実現に焦点を合わせた。同仕様書により両ネットワークの統合が容易になることで、グローバルに生産機械を調達する企業では、機械の選択肢の幅が広がることになる。

 また、両ネットワーク間でシームレスに情報を共有できるため、別ネットワーク上の異なる生産ラインシステム間で効率的な通信が可能になる。同仕様書は、両協会の有料会員が入手できる。両協会では、今後1年以内に仕様に対応したゲートウェイ製品が発売されると見ている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.