ニュース
» 2016年12月15日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:IoT機器向けセキュリティ分野で米企業と提携

SELTECHは、米Sequitur LabsとIoT機器向けセキュリティ分野で提携した。その一環として、SequiturのTEEプラットフォーム「CoreTEE」とSELTECHのハイパーバイザー「FOXvisor」を統合する。

[MONOist]

 SELTECHは2016年11月29日、米Sequitur Labs(Sequitur)とIoT(モノのインターネット)機器向けのセキュリティ分野で提携したことを発表した。その一環として、SequiturのTEEプラットフォーム「CoreTEE」とSELTECHのハイパーバイザー「FOXvisor」を統合する。

 SELTECHは、IoTデバイス上で複数のOSをサポートする組み込み機器やIoTデバイス向けにFOXvisorを提供している。また、Sequiturは、ARM Cortex-Aを用いたIoTデバイス向けに、Global Platformが標準化したTEE(Trusted Execution Environment)を構築できるCoreTEEを提供している。

 今回の提携により、両社のFOXvisorとCoreTEEを統合する。CoreTEEは、NXPのi.MX6/i.MX7を含む多くのARM Cortex-Aプラットフォームでセキュリティ機能の「TrustZone」をサポートしている。そのため両製品を組み合わせることで、さまざまなデバイスがスケーラブルなセキュリティ対策を迅速に実装できるようになるという。

 両社では今後、これらの製品の市場開発事業とカスタムソリューション開発分野でも協業するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.