ニュース
» 2016年12月16日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:エンベデッドシステム・ソリューション市場、2015年度は約9055億円規模

ミック経済研究所は、国内のエンベデッドシステム・マーケットの実態を調査した「エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望 2016年度版」を発刊した。2015年度の市場規模は約9055億円で、自動車関連市場で投資が積極化した。

[MONOist]

 ミック経済研究所は2016年11月30日、国内のエンベデッドシステム・マーケットの実態を調査した「エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望 2016年度版」を発刊したことを発表した。2015年度の市場規模は約9055億円で、自動車関連市場で投資が積極化しているという。同調査は、主要エンベデッドシステムベンダー67社への面接調査とその他85社の最新情報を収集して同市場全体を推定した。

 2015年度の売上高9055億2300万円の内訳は、ボードコンピュータなどのハードウェア関連が2329億500万円、ミドルウェアや開発ツールなどのソフトウェア関連が1487億7300万円、アプリケーションや保守、コンサルティングなどのサービス関連が5238億4500万円。中でも、自動車関連市場の成長が見られ、自動運転や先進運転システムなどの先端技術への投資が活発になっている。

 しかし、不安定な為替や中国需要の縮小などから、全体の成長は停滞した。自動車関連以外では大きな成長分野もないことから、2016〜2020年度までの年平均伸長率は約2.1%、2020年度の売上は1兆70億8800万円と予測している。

 製品部分野別では、自動車関連市場を含む運輸/建設機械が最も多く、1234億円2600万円で全体の23.3%を占めた。次いで、通信設備機器が692億4300万円となっている。成長率で見ると、医療分野が売上規模は141億円5000万円と小さいながらも、診療機器や在宅医療向け管理システム、ヘルスケア用のウェアラブルデバイスなどで市場を拡大し、2016年、2017年の予想平均身長率が15.4%となった。

 さらに、エンベデッドシステム・ソリューションにおけるIoT分野は急成長しており、2015年度は270億1200万円となった。監視・モニタリング分野を中心に、センサーをネットワークでつなぐという取り組みは各分野で行われており、2020年度には648億2300円まで成長することを予測している。 

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.