ニュース
» 2016年12月19日 10時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:設計から出力までサポートする3Dプリンティングソフトウェアを提供開始

ストラタシス・ジャパンは、3Dプリンティングソフトウェア「GrabCAD Print」をリリースした。設計から出力までをサポートするユニバーサルクラウド方式で、造形にまつわるフローを効率化する。

[MONOist]

 ストラタシス・ジャパンは2016年12月1日、3Dプリンティングソフトウェア「GrabCAD Print」をリリースした。GrabCADのWebサイトから、無料で登録・ダウンロードできる。

 GrabCAD Printは、SaaS(Software-as-a-Service)プラットフォーム上に構築された3Dプリンティングソフトウェア。設計から出力までをサポートするユニバーサルクラウド方式になっており、データのハンドリングやプリントジョブのスケジューリング、モニタリングなど、造形の工程を効率化する。

 CADファイルをCADデータ形式のまま出力できるため、これまでSTLファイルへの変換や設定に要していた時間とエラーを削減する。さらに、ジョブスケジューリングやプリントキューの状況、材料の使用量、使用履歴に関するデータを共用することも可能だ。これらのデータはGrabCADプラットフォーム上で管理され、標準のウェブブラウザやモバイルアプリケーションなどから利用することも可能だ。

 日本語を含む8つ以上の言語をサポートする他、最新のストラタシスFDM 3Dプリンティングシステムにも対応した。

photo GrabCAD Printソフトウェアのスクリーンイメージ
photo

関連キーワード

CAD | STLファイル | 3Dプリンタニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.