ニュース
» 2016年12月21日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:高精細映像を得られる医療施設向け4K術野カメラ

ソニーは、手術部位の視野(術野)を高精細に撮影する、医療施設向け4K術野ビデオカメラ「MCC-S40MD」を発表した。術野の細部や暗部まで精緻に撮影できる、高感度1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載している。

[MONOist]

 ソニーは2016年12月6日、手術部位の視野(術野)を高精細に撮影する、医療施設向け4K術野ビデオカメラ「MCC-S40MD」を発表した。発売は2017年3月1日で、同社が推定する市場販売価格は280万円前後となる。

 MCC-S40MDは、高感度な1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載。総画素数は約2090万画素、有効画素数は約1420万画素(16:9)で、より明るくノイズの低い映像が撮影できる。また、同社独自の画像処理エンジンにより、撮影対象部位の質感をより忠実に表現する。

 さらに、4Kの高解像度に対応した光学12倍ズームの大口径レンズを採用。画面周辺部まで高い解像度で表現できる非球面レンズを用いており、映像のゆがみや色ずれを抑える。独自の画像処理「超解像技術」を使ったクリアイメージズーム機能も搭載しており、最大20倍の高倍率ズームでも画質の劣化を抑えられる。

 自動露出補正機能も搭載し、露出調整が難しい無影灯下でも適切な露出を可能にした。ブレ補正や映像調整機能など、専用プロセッサーによる高度な信号処理をベースとした各種機能を装備し、術野の細部や暗部まで精緻に撮影できる。

 また、手術室内の映像機器を集中操作するコントローラーなどからのリモート操作にも対応。天吊りアームに装着して使用することもできる。

photo 左:4Kビデオカメラ MCC-S40MD、右:手術室での設置イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.