ニュース
» 2016年12月22日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:中国国内に自動車製造の第三工場を建設、総生産能力は年間125万台に

中国の東風本田汽車は、新たに第三工場の建設を決定した。年間の生産能力は12万台の予定で、これにより中国国内での四輪車の生産能力は125万台となる。

[MONOist]

 中国の東風本田汽車(東風ホンダ)は2016年12月8日、第三工場の建設を決定し、同日起工式を実施した。同社は、中国における本田技研工業(Honda)の四輪車生産販売合弁会社。新工場の建設により、同国の四輪車市場の需要に対応していく。

 第三工場は、第一工場から南西約8kmに位置する武漢市の武漢経済技術開発地区内に建設される。敷地面積は120万m2で、2019年前半に稼働を開始する予定。投資額は約30億元で、今後中国で拡大が予想される電動化にも対応する。

 年間の生産能力は12万台を予定し、これにより同社の四輪車の生産能力は60万台となる見込み。広汽本田汽車の60万台と輸出工場の本田汽車(中国)の5万台と合わせると、中国国内におけるHondaの生産能力は125万台に達する。

関連キーワード

中国 | 工場 | 本田技研工業 | FA | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.