ニュース
» 2016年12月22日 17時00分 UPDATE

東京オートサロン2017:ダイハツのスポーツモデルが復活? 「シャレード・デ・トマソ」へのオマージュ

ダイハツ工業は、「東京オートサロン2017」において、市販する軽自動車や小型車をベースとしたコンセプトカー11台を出展する。

[齊藤由希,MONOist]

 ダイハツ工業は2016年12月22日、「東京オートサロン2017」(2017年1月13〜15日、幕張メッセ)において、市販する軽自動車や小型車をベースとしたコンセプトカー11台を出展すると発表した。

「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに4つのカテゴリーに分け、市販モデルのカスタムグレードのデザインを新しい形に昇華させたコンセプトカーをアピールする。

 カテゴリーはスポーツテイストを演出する「SPORZA(スポルザ)」、専用メッキパーツや大型LEDフォグランプで存在感を高めた「Grand Custom(グランド カスタム)」、生活を緩くのんびり楽しむ「Beach Cruisin(ビーチ クルージン)」、アウトドアなアクティブ感を持たせた「CROSS FIELD(クロス フィールド)」の4つ。

 スポルザは、「ブーン シルク」「トール」「ムーヴ キャンバス」「コペン」をベースにホットハッチ「シャレード デ トマソ」や「TR-XX」の要素を最新の仕様として復活させた。赤と黒の専用ボディーカラーにゴールドのアルミホイールを組み合わせる。

1110 「ブーン シルク」(左)と「トール」(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業
98 「ムーヴ キャンバス」(左)と「コペン」(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

 グランド カスタムは、「トール カスタム」「タント カスタム」「ムーヴ カスタム」のカスタムモデルならではの存在感をさらに強調し、迫力と優美さを演出する。

765 「トールカスタム」(左)「タント カスタム」(中央)「ムーヴ カスタム」(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

 ビーチ クルージンは、専用ボディーカラーとオリジナルのラッピングで、テイスト系の新しい形を提案する。ベース車両は「ブーン」とムーヴ キャンバス。

34 「ブーン」(左)とムーヴ キャンバス(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

 クロス フィールドは、マット仕上げの専用ボディーカラーとラッピングでアクティブ感を付加する。「キャスト アクティバ」と「ウェイク」をベースとしている。

12 「ウェイク」(左)と「キャスト アクティバ」(右)(クリックして拡大) 出典:ダイハツ工業

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.