ニュース
» 2016年12月26日 09時00分 UPDATE

製造業IoT:IoT構築の要素技術をコンポーネント化し、提供する事業モデル

IIJグローバルソリューションズは、IoTシステムの構築に必要な技術をコンポーネント化し、産業/用途に応じたIoTソリューションとして提供する事業モデル「CaaS」を開始した。

[MONOist]

 IIJグローバルソリューションズは2016年12月7日、IoT(モノのインターネット)システムの構築に必要な技術をコンポーネント化し、特定業種の用途に応じたIoTソリューションとして提供する事業モデル「CaaS(Component as a Solution)」を開始した。産業機器の自動制御、ビルのエネルギー設備管理などの市場に向け、初年度20社、2年目200社の導入を目指す。

 同事業は、IoTシステムの構築に必要な技術とITリソースをソリューションとしてワンストップで提供するものだ。主要なコンポーネントとして、業界向けプラットフォーム、ゲートウェイ機器およびネットワークが用意されている。

 業界向けプラットフォームは、まず製造業向けに、センサーデータを収集してクラウド上で保管/表示するシステムと、制御装置として利用されているさまざまな

PLCを一元管理するシステムが提供される。今後、「デジタルサイネージ用システム」「IPカメラ監視システム」「総合エネルギー・設備マネジメントシステム」の提供を予定している。

 ゲートウェイ機器は、装置の稼働状況などのセンサーデータをクラウド上にアップロードする。さまざまな装置に対応可能な各種インタフェースが提供される。

 ネットワークは、ゲートウェイ機器とクラウド間をIIJモバイルサービスとユーザー専用のプライベートバックボーンサービスを使った閉域網で接続する。これにより、セキュアなIoT向けワイヤレスプラットフォームが構築できる。

 これまでIoTシステムを構築しようとする企業は、各種ソフトウェア、ネットワーク、ゲートウェイ機器、クラウド環境などを個別に調達する必要があった。同事業はこうした課題に対応するもので、業種別コンポーネントを組み合わせることで、低コストで迅速なIoT環境構築が可能になる。

関連キーワード

IoT | IIJ | プラットフォーム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.