ニュース
» 2016年12月26日 13時00分 UPDATE

FAニュース:耐環境性に優れたIoT/M2M向けの小型組み込み用スイッチングHUB

コンテックは、−20〜60度の広温度範囲に対応した小型組み込み用のスイッチングHUB「SH-8008F」を開発し、ネットワーク周辺機器の「FLEXLAN」の新製品として販売を開始した。

[MONOist]

 コンテックは2016年12月13日、−20〜60度の広温度範囲に対応した小型組み込み用のスイッチングHUB「SH-8008F」を開発し、ネットワーク周辺機器の「FLEXLAN」の新製品として販売を開始した。耐環境性に優れたIoT(モノのインターネット)/M2M向け製品で、価格はオープンとなる。

 SH-8008Fは、IEEE802.3u(100BASE-TX)とIEEE802.3(10BASE-T)の両規格に準拠したポートを8つ搭載するスイッチングHUB。−20〜60℃の温度で動作可能で、一般向けの汎用スイッチングHUBが使用できない環境でも動作する。40×60×90mmと従来製品「SH-8008(FIT)H」より約32%小型化し、盤内での占有スペースやケーブル配線のしやすさに考慮した。

 他に、金属シェルのファンレス構造、電源の二重化、電源逆配線対策などを講じることで産業用機器としてシステムの可用性を高めている。さらに、ストレートケーブルとクロスケーブルを自動判別するAuto MDI/MDI-X機能により、結線ミスによる配線トラブルを回避する。

 35mmDINレール取り付け機構を標準装備し、盤内取り付けも容易にできる。12­24VDCのワイドレンジ電源に対応するため、さまざまな電源環境での使用が可能だ。

 工場生産ラインの制御盤や工作機械などの装置内は多数の通信機器があり、それらの機器を接続できるスイッチングHUBの必要性が近年増している。また、IoT化するための監視用機器の後付け、新たな通信経路の確保といったニーズもある。同製品はこうしたニーズに応えるため開発された。

photo 広温度範囲対応組み込み型スイッチングHUB「SH-8008F」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.