連載
» 2016年12月26日 06時00分 UPDATE

いまさら聞けないクルマのあの話(2):最近の軽自動車は高過ぎる? 値上がりの理由お答えします (4/6)

[山本照久(カーライフプロデューサー),MONOist]

軽自動車には数万円のシステムが満載

 せっかくですので、現行ミラの車両価格を基準として、スーパーハイトワゴンが200万円近く(オプション次第ではそれ以上)に設定されている裏付けを順番に見ていきましょう。ただし、ここでは単純に価格評価できない内装の質感などは無視します。

「VSC(横滑り防止装置)」

 このシステムは約10年前に普通車のオプションとして存在しており、オプション価格は約10万円だったと記憶しています。法律によって普通車は既に全車義務化されており、軽自動車の新型車は2014年に義務化済みです。フルモデルチェンジを行っていない場合は2018年でついに義務化され、全車両が適用となります。

「サイドカーテンエアバッグ、サイドエアバッグなど」

 1点追加で車両価格にプラス5万円といったイメージでしょうか。安全はお金で買う! という流れですね。

「HIDヘッドランプ、LEDヘッドランプ」

 こちらも高級車にしか装備されていなかった部類ですが、ようやく大衆車への採用も増えてきました。とはいえ、まだまだ数万円のシステムです。

21 LEDランプのデザイン性の高さを生かして、かわいらしさを演出するモデルも(クリックして拡大)

「アルミホイール」

 これはあらためて申し上げることはありませんが、数万円高です。

「オートライト」

 こちらは近々搭載義務化が予定されています。周囲の明るさを認識するセンサーとコントロールユニットの搭載で数万円高です。

「オートクルーズ」

 こちらはエンジン制御の電子制御化が主流になった今、それほど高額なシステムではなくなりました。コントロールユニットとハンドル周りへのスイッチ追加などで数万円高です。

「スモークガラス」

 量産効果によるコストダウンもありますが、通常よりも高くなります。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>