ニュース
» 2016年12月27日 06時00分 UPDATE

自動運転技術:自前主義からの脱却を進めるデンソー、NECと自動運転やIoT活用で協業

デンソーとNECは、高度運転支援システム(ADAS)や自動運転の開発、生産現場でのIoT活用について協業する。両社はこれまで取引はあったが、協業するのは初めて。デンソーが自動車向けに培った技術力とモノづくりのノウハウに、NECが持つ人工知能(AI)技術やIoT、セキュリティなどのシステム構築実績を組み合わせる。

[齊藤由希,MONOist]

 デンソーとNECは2016年12月26日、高度運転支援システム(ADAS)や自動運転の開発、生産現場でのIoT活用について協業すると発表した。両社はこれまで取引はあったが、協業するのは初めて。デンソーが自動車向けに培った技術力とモノづくりのノウハウに、NECが持つ人工知能(AI)技術やIoT、セキュリティなどのシステム構築実績を組み合わせる。

 ADASや自動運転に向けては、危険予測や運転の行動計画を立てるNECのAI技術と、デンソーの先進安全技術を組み合わせて製品を共同開発する。製品化の時期は未定。

 NECは、センサー情報や動画などの走行データから車両や歩行者、標識を認識するモデルを生成するとともに、蓄積した走行データの中にある危険なシーンと現在の状況を照合して、潜在的なリスクを予測する技術を開発中だ。これにより、運転中のリスクを回避、軽減する運転計画を立てる。

 また、搭載するシステムの複雑化が進む中で開発を効率的に行うため、NEC本体やグループのシステム開発要員を活用して迅速かつ柔軟な開発体制を構築する。先進安全技術の製品化と同様に、NECがデンソーに開発人員の提供を始める時期も未定。

自前主義からの脱却

 デンソーは自動運転技術やADASの開発に関して社外との連携を強化している。ECUのソフトウェア開発の効率向上に向けては、イーソルや日本電気通信システムと合弁で、車載用電子システムの基本ソフトウェアや関連ツールの開発を行う新会社を設立。ADAS向けのヒューマンマシンインタフェースのソフトウェア開発に関連しては、車載プラットフォームのソフトウェア開発を手掛けるNTTデータMSEに出資した。

 CPUコアについても協力範囲を広げており、CPUコアで複数の処理を並行して進めるハードウェア マルチスレッド機能について、Imagination Technologies(イマジネーションテクノロジーズ)と共同研究を開始した。

 画像認識の分野では、ソニーセミコンダクタソリューションズのイメージセンサーを採用して夜間の歩行者認識に対応する他、画像認識向けAI技術の活用について東芝と共同で開発する。LTEや5Gを活用した車両の制御についてはNTTドコモと協力して研究開発を行う。

 さらに富士通テンへの出資比率を10%から51%に引き上げてグループの一員とし、車載ECUやミリ波レーダー、高度運転支援・自動運転技術および電子基盤技術の開発を強化することも発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.