ニュース
» 2016年12月29日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:ISO 13482に基づき身体アシストロボットの安全性を認証

日本品質保証機構(JQA)は、国際規格ISO 13482に基づき、マッスルの身体アシストロボット「ROBOHELPER SASUKE」の安全性を評価・認証したと発表した。

[MONOist]

 日本品質保証機構(JQA)は2016年12月15日、国際規格ISO 13482に基づき、マッスルの身体アシストロボット「ROBOHELPER SASUKE」の安全性を評価・認証したと発表した。認証書は、同年12月14日付で発行された。

 ISO 13482は、2014年2月に国際標準化機構(ISO)が発行した、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格だ。ROBOHELPER SASUKEが属するPhysical assistant robotと、Mobile servant robot、Person carrier robotの、3タイプのロボットが対象となる。

 今回、認証を受けたROBOHELPER SASUKEについては、生活支援ロボット安全検証センターにおける試験も行った。同センターは、2010年12月に産業技術総合研究所(AIST)が茨城県つくば市に設立し、日本自動車研究所(JARI)らと運用する世界初の生活支援ロボットの安全性を評価する機関だ。

 JQAでは、生活支援ロボットを市場投入する際に、第三者認証機関である同機構が認証することで、国際規格による安全要求を満たしていることを客観的に証明できるとしている。

 これまで、JQA、AIST、JARIらは共同で、同規格の国内審議委員会などにおいて国際標準化提案活動に参加してきた。同時に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施した「生活支援ロボット実用化プロジェクト」に参画し、生活支援ロボットの認証手法の開発などを進めていた。

photo ROBOHELPER SASUKE
photo 同機構のISO 13482認証マーク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.