ニュース
» 2017年01月05日 07時00分 UPDATE

FAニュース:変圧器の余寿命をリアルタイムに把握できる診断システムを開発

明電舎は、リアルタイムに変圧器の余寿命を把握できる「変圧器オンライン余寿命診断システム」を発表した。油入変圧器に取り付けた各種センサーから取得したデータをクラウドに蓄積し、オンラインで遠隔監視と診断ができる。

[MONOist]

 明電舎は2016年12月8日、リアルタイムに変圧器の余寿命を把握できる「変圧器オンライン余寿命診断システム」を発表した。販売開始は2017年4月を予定している。

 同システムは、油入変圧器に取り付けた各種センサーから取得したデータをクラウドに蓄積し、オンラインで遠隔監視と診断ができる。余寿命の診断は、蓄積されたデータから演算式(アルゴリズム)により判定する。既存設備へ容易に導入が可能で、定期点検時に1カ月ほどかかっていた変圧器の油分析をリアルタイムに実施するなど、日常的な巡視点検を効率化する。

 監視項目として、カメラで撮影したアナログメーターの針の位置を画像処理によりデジタル化し、数値データとして取得する油面数値監視、変圧器の油の温度や外気温を常に計測し異常をリアルタイムに検知する油温/外気温監視がある。他に、絶縁紙や油の劣化を把握する油中ガス/水分分析、摩耗を予測するLTC(ロードタップチェンジャー)監視、部分放電や負荷電流の監視なども可能だ。

 インフラの老朽化が進む中、同社ではIoT(モノのインターネット)技術を活用して業務を効率化し、変圧器を常時監視して停電などの障害を未然に防ぐため、同システムの開発を進めてきた。今回発表したシステムは油入変圧器が対象だが、2018年度には、乾式変圧器にも適用できるシステムが完了する予定だ。

photo システム構成例
photo タブレット/PC表示例

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.