ニュース
» 2017年01月05日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:複数のECU間の同期計測・同期解析が可能なマルチ計測システム

横河ディジタルコンピュータは、複数のECU間の同期計測・同期解析が可能なマルチ計測システム「RAMScope-EXG GT170」シリーズを発売した。データ変化やECU周辺の通信とアナログ信号を同期化したマルチ計測に対応する。

[MONOist]

 横河ディジタルコンピュータは2016年12月13日、複数のECU間の同期計測・同期解析が可能なマルチ計測システム「RAMScope-EXG GT170」シリーズを発売した。ECU制御ソフトウェア開発における実機の機能・特性検証を効率化するため、データ変化やECU周辺の通信とアナログ信号を同期化したマルチ計測に対応する。価格は1ライセンス当たり61万6000円で、2017年3月31日までの発送分は51万8000円(いずれも税別)となる。

 RAMScope-EXG GT170シリーズは、車載ECU制御アプリケーションの開発を支援するモジュールタイプのマルチ計測システム。制御・測定データをリアルタイムに抽出し、外部信号と合わせて計測・解析できる。同一時間軸で複数マイコンのRAMデータ、CANデータ、アナログ信号を測定する。

 疑似データを動的にRAMに注入するRAMデータ注入機能、疑似ECUノードとしてCANにデータを送信するCAN疑似送信の機能を搭載し、単体・結合・システムテスト支援や特定ソフト処理の検証、機能チェックなどのテスト支援ツールとしても使用できる。

 ASAM規格のXCP、データフォーマットに対応し、他社適合ツールやHILSとも連携する。海外輸出法規制にも対応するため、グローバルツールとしても使用できる。RAMモニター周期は最小5μs。車載ネットワークCANFDに対応する。

 アナログ信号耐電圧は最大1000Vで、バッテリー、インバータなど高電圧機器の測定が可能だ。従来製品「RAMScope-EX GT150/GT121」とのプローブ互換もある。

photo 「RAMScope-EXG GT170」シリーズ
photo 運用イメージ

関連キーワード

ECU | CAN | 組み込み開発ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.