ニュース
» 2017年01月10日 10時00分 UPDATE

CADニュース:ダッソーとASLが航空宇宙産業向けプログラムで協業

仏ダッソー・システムズは、仏Airbus Safran Launchersと協業した。この協業により、Dassault Systèmesの航空宇宙産業向「ウィニング・プログラム」は、欧州のロケット開発プログラムにおいて中核的な役割を担うことになる。

[MONOist]

 仏ダッソー・システムズ(ダッソー)は2016年11月29日(現地時間)、仏Airbus Safran Launchers(ASL)と協業したと発表した。この協業により、ダッソーの航空宇宙産業向け「ウィニング・プログラム」は、欧州のロケット開発プログラムにおいて中核的な役割を担うことになる。

 ASLは、欧州宇宙機関の次世代ロケット「アリアン6」の主契約業者だ。アリアン6の開発に携わる同社エンジニアは、システム設計、詳細設計定義、推進系や宇宙船の検証などにダッソーのソリューションを活用している。

 ダッソーのウィニング・プログラムは、航空機開発プログラムの初期段階において、設計/シミュレーション/コラボレーションなどを用いたプログラム管理を最適化する。構想設計段階においては、詳細な設計と知識を共有し、プログラム全体のコストやパフォーマンス、スケジュールの順守率を改善する。

 他に、協調設計によってバーチャルな試作機を共有し、デジタル資産の作成と検証を行い、エラーや変更を最小限に抑える。これにより、開発から生産までの期間が短縮可能となる。

 宇宙産業では、多くの参画企業が高性能でコスト効率の良いロケットの開発・提供に向けて、オペレーションの変革に迫られている。今回の協業は、宇宙開発において新しいモデルの設計や開発およびアリアン6の納機が予算/スケジュール/仕様通りに進む見通しを早期につけることに貢献するという。

photo 「アリアン6」イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.