ニュース
» 2017年01月11日 08時00分 UPDATE

製造業IoT:低消費電力の通信技術を用いた着脱式センサーの実証実験

スカイディスクは、西松建設と共同で、広範囲/低消費電力の通信技術「LoRaWAN」を使った着脱式センサー「SkyLogger」のデータ取得実験を実施する。東京都内のビルにゲートウェイを設置し、カバー距離やビル内の到達可能距離などを測定する。

[MONOist]

 スカイディスクは2016年12月16日、西松建設と共同で、広範囲/低消費電力の通信技術「LoRaWAN」を使った着脱式センサー「SkyLogger」のデータ取得実験を行うと発表した。東京都港区虎ノ門のビルで2017年1月に実施する。

 今回の実験では、スカイディスクのIoT(モノのインターネット)構築ソリューション「IoT スターターキット(LoRa model)」を用いて、温湿度や照度などのセンシングとデータ転送を実証する。同ソリューションで用いられる「Skydisc LoRa ゲートウェイ」の屋外用と屋内用を使い、ビルなど障害物のある東京都内でのカバー距離やビル内での到達可能距離などを測定する。

 屋外の実験では、ビルの屋上に屋外用ゲートウェイを設置し、SkyLoggerによるセンサーデータの転送可能距離を測定する。都内では半径2kmほどの距離をカバーすると予測しており、起点となる虎ノ門からは六本木、赤坂をカバーできる見込みだ。

 また、屋内実験では、ビル室内に屋内用ゲートウェイを設置し、各階で温湿度や照度などのセンサーデータが正確に転送できるかを測定する。実験結果によっては、ビル1棟内の複数のセンサーをゲートウェイ1個で網羅できるようになる。

 両社では、今回の実証実験をきっかけに、橋梁やトンネルなど老朽化が進むインフラへの活用を共同で進めるとしている。

photo

関連キーワード

IoT | 実証実験 | 製造業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>